アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

声が聞こえるか。

また声のお話。

って言っても、声というより自己主張の話。

今夜はナレーター仲間を中心とした飲み会だった。

めーっちゃ明るい時間から久しぶりの居酒屋に集合して乾杯!

初訪問の仲間達がここの料理に感激してくれているのが嬉しい。

何度目かの訪問で、初めて予約を入れたのだが、お母さんに「お姉さんがシモツマさん?」と声をかけられ「名前覚えたよ。何度も来てもろてるけど、お名前聞くときなかったからねぇ。覚えたわ。シモツマさん」

これまた嬉しいお母さんのお言葉。また来なきゃ(笑)

さて、ただでさえ声が通るメンバーばかりのはずなのだが、そんな中、なかなか発言できない、、、というか、発言してもイマイチ声が聞こえて来ない人がいる。

ナレーターとしてあかんやろ、それ。

声が小さい!

叱咤激励すること数回。

彼の得意の語り方が「張らない」タイプなのではあるが、そんなんじゃあ色んな仕事出来ないような?(^_^;)

ひとごとだけど、心配してしまう。

もっと声出していこう!

体育会系の朝練的な。

某先輩なんて、軽く喋ってもズドーンと声が前に出る。しかも自己主張激しい。

後輩たちが霞むなぁーと思う。

明るい時間から始まった宴は、二軒目で更に勢いを増し、偶然出会ったプロデューサーさん?に、たくさんご馳走にもなり

超絶!品の無い会話に終始して延々飲み延々喋り続けて解散へと。

ナレーター仲間の飲み会はやかましい(笑)

こちらの記事もぜひ

ボスがびびる仕事

大富豪で負ける

うっかりBARは中央区

コメントを書く