アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

自分の身は自分で。

日本のガン医療に腹が立つ。

ショッピングモールのような施設にお客さんならぬ患者さんがわんさか集まる。

みんな病院を頼って信じて集まっている。

「標準治療ですので」

なんでもすぐ切りたがる。

「念のため多めに」

「手遅れにならないうちに」

じゃあ、今切ったら絶対手遅れじゃないんですか?

「それはわかりません」

ほんま腹立つ。

自分の身は自分で守らねばならないと思う。

病院も医者も選べる。治療の方法も選べる時代なのだ。

副キャプが亡くなったのは、この標準治療のせいなのだ。

こんなやり取りに時間がかかり、今夜の待ち合わせに遅刻しそうになってしまった。

今夜は特別な場所でのディナー。私にとって想い出の場所。

前に来た時も夏だったかな。夏の終わりくらいかな。

兄に連れてきてもらったあの日が懐かしく思い出された。

繊細なお料理の数々が並ぶ。

鱧、若鮎、賀茂茄子、イチジク。

旬の楽しみ満載である。

女将さんの名前「キョウコ」という名の特別な冷酒とともに。

涼しげな庭が徐々に暗闇に包まれていく。

日が落ちると、外もすっかり涼しく、、、

って、ならへんわ!!!(笑)

京都、暑いっちゅーねん!。゚(゚´Д`゚)゚。

皆さまお身体を大切に。

 

こちらの記事もぜひ

1年後

スパルタ?

コメントを書く