アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ボランティアのボランティア

うっかりBAR のチャリティー営業最終日。

被災地はまだまだこれからも大変なのだけど、店の営業としてはある程度限定的に期限を作ってチャリティー営業すべきだと考えている。

お客さんには特に損はさせない金額設定ではあるし、逆にメニューが充実しているくらい。今回は京松蘭のマスターにも協力してもらったからねぇ。

毎週、その肉をどう料理しようか?考えるのは楽しかった。

でも、肉料理というのは下ごしらえをしっかりしないと美味しさを発揮できない。手間がかかる(⌒-⌒; )

それもあるので、無理はせず、一旦終了。

ま、余裕があればまたなんかするかも?

ボランティアのボランティア。

義援金も大切だけど、支援金を送る人も大切だと思う。

チャリティー営業で数万円にはなったと思うので、明日にでも計算して報告したい。

ボランティアのボランティアと言えば、もうひとつ。

初めてボランティアに参加する人のサポートをした。

今回の災害では2人目。

人を繋ぐのが主な役割で、あとは手続きの仕方のレクチャー。過去の経験が生かされるのは良いことだと思う。

そして、ボランティア活動中のサポートも。猫の世話(笑)

今日、鍵を預かり、にゃんこと対面してきた。愛想の良いにゃんこなので会うのが楽しみだ。

現地で自分が活動できなくても、やれることは色々ある。私は「ボランティアをやってる人」と広くアピールすることにしているから、興味ある人から頼ってもらえるし役に立つ。

芸能人がボランティア活動しているのを言いふらして売名行為している!と嫌がる人もいるけれど、私は意味があると思う。

日本人の美学的に密かに動くのもカッコいいかもしれないが

影響を与えて、興味を持ってもらう方が被災地の力になるんじゃないかな。と。

事実、私がボランティア活動を続けてるから

「俺も行ってみたいねんけど」

と、申し出てくれたわけで。

スーパーボランティアのお爺ちゃんの活躍もどんどん報道すればいい。

被災地に迷惑?お爺ちゃん以外にもスーパーボランティアはいっぱいいる?

ネガティブなことばっかり言ってないで、そのお陰で大都会では忘れられてしまっている被災地のことを全国ネットでネタにしてもらえていることを喜ばなくちゃ。

マスコミを利用している。

くらいに思わないとね。尾畠のお爺ちゃん頑張れ!だわ!

しかし、本当は私も現地に行きたい。この身体を捧げて役に立ちたい。

2日間だけでも行こうかな。。。

今日はお土産いっぱいもらいました。

ルタオのクッキー、有明海の海苔、ムツゴロウの甘露煮(笑)、三重のみかんジュース

そして、大好評だった堺のお餅。

みなさんありがとう。

 

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く