アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

連動する夢

さんま&さわら。今日が誕生日でした。

4歳になりました(о´∀`о)

猫を飼い始めたのは2007年からかな。

母親が亡くなって、世話をする人がいなくなった4匹の猫を一挙に引き受けて。

母親の忘れ形見と思って大切にした。

でも、1匹また1匹と死んでいき、2014年秋に最後の1匹ぱぴちゃんが死んで

久しぶりに家の中に静けさが戻ってきた。なんだか手持ち無沙汰な感じで、子供が巣立ったあとの家みたいな(笑)

そしたら、お世話になってた動物病院の先生から、実家の裏で子猫が生まれたから見に来て欲しいと。

一目惚れして、4匹いた子猫のうち2匹をお預かりすることになり、、、

あー可愛かったなぁ(笑)今も可愛いけどね。

で、そんなことを昨夜考えて、前の猫のこととか思い出してた。

そしたら、今朝、明け方に見た夢に母親が登場。

母親の夢はよく見る。

以前はなかなか出てきてくれなかったのに、頻度が高いかも。なんでかな。

施設に入っている(そんな設定)母親に会いに行くと、部屋に居ない。

施設の近所を歩いて探しにいくと、、、

布地屋さんがあった。

あら、布地屋さん。お母さんが喜びそうだなぁ。

ぼんやり思いながら店を覗くと、母親が布地を選んでた。

お母さん!(笑)

あぁ、母親のミシン、あげちゃったなぁ。

また新しいの買ってあげなきゃ。

あれ?なんでミシンあげたんだろう?

あ。

思い出した。母親はもうこの世にいないのだ。

猫のことを思い、母を思う。

私はお母さん子だったんだなと、いい歳して思う。

母親は、おばあちゃんの命日に死んだ。

母もまた末っ子で、お母さん子だった記憶がある。

母親の存在感は年々増すばかりだ。

不思議だと思う。

さんま&さわらには今夜は特別にチュールをあげた。

病院知らずのお転婆姉妹が、これからも元気に過ごしてくれますように。

こちらの記事もぜひ

1年後

スパルタ?

コメントを書く