アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

フォーカス

最近、懐かしい人とバッタリ出会うことが多い。

バッタリ、、、なことに驚いているわけではない。

そのバッタリの状況。

人混みの大阪駅で、しかも私が発見して声をかけるのだ。

よく見つけたな、と思う。

さて、今夜は新開地で芝居を観た。

暗闇演劇

というもので、聴覚だけで想像力を膨らませる芝居らしい。

前から2列目の真ん中に座った。

始まるまでの20分ほど、一緒に行った人と話しながら待っていたのだが

ふと、その人の向こう側を見ると、隣の隣の席。見かけたことのある女性が座っている。

ここしばらく会っていない人で、やはり2-3年になるだろうか?

彼女は1人で来ている様子。読書しながら舞台の開演を待っている。

それにしても、、、私は隣と喋ったり笑ったり。そこそこ大きな声である。

なのにまったく私に気づかないとは?

もしや人違いかしら?(~_~;)

小声で彼女のニックネームをつぶやいてみた。

KボR!

無反応。

あらー、もしやマジで人違い?

さりげなく席を立ち、真正面から眺めてみた。

いやいやいや、やっぱりあの子だ、、、よね?

気になるーーー(笑)けど開演時間になったー!(笑)

さて、

暗闇演劇はこんなものを渡される。

徐々に目が慣れてくる暗さではなく、真っ暗闇の中舞台が進むので、万一のときはペンライトで外に出られるのだ。

イヤホンは、舞台上の芝居とリンクさせる演出のひとつ。

芝居は、今日と同じく、ある劇団の暗闇演劇の最中に事件が起こり、、、

という始まりだ。

やや意味不明な会話が続く。大丈夫か?この内容。それに、、、

これって目を閉じててもいいんじゃないか?

ほんとに真っ暗だし、声だけ聞けばいいわけだし。

目を閉じた。

そしたら、、、

寝た( ̄▽ ̄;)

起きた頃にはかなり話が進んでいたのだが(笑)最初よりは芝居らしくなっていて、ついつい耳を傾けたくなる内容である。

そこからはぐぐっと引き込まれた。

女優さんの演技力もすごかった。

謎な終わり方ではあったけど面白かった〜!←寝たくせに!(笑)

 

終わって座席を立ったとき、例の彼女をもう一度確認した。←気になって仕方ない(笑)

やっぱりそうだよ!間違いない。

KボR!

「あ。しもつまさん。」

マジで気づいていなかったようだ(笑)

もぅ、名前呼んだんだよ!(笑)外界シャットアウトしてたなぁ。

「す、すみません(^_^;)」

しかし不思議だなぁ。冒頭の話、懐かしい人を見つけてしまう。

なんの色もない風景の中なのに、そこだけピントが合う感じ?

そう、そんな感じ。フォーカスというか。

オーラに輝いて見つけてるわけでもないと思う。

いつまでこの再会シリーズ続くかな。

でも、本人とわかって、あーすっきりした(笑)

ところで、一緒に行った人に、実は寝てしまったと言うと

「寝たよ(笑)」

だよね!良かった(笑)

しかし面白いことに、寝た部分がそれそれ違ったので、私が寝ていてわからなかったところは教えてもらえるのだ。

話が繋がったε-(´∀`; )

大川興業の「暗闇演劇」特許を取得してるそうだ(笑)すげー。

 

こちらの記事もぜひ

ストールで釣る

南から東

初めての手料理

コメントを書く