アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

食いしん坊先生

電車の中。バッグの中をごそごそ。

ストールを引っ張り出したその時!なにかが飛んで、向かいの席の人の足元に転がっていった。

立ってる人、座っている人、みんなが目線でそれを追う。

それは、、、あとで食べようと忍ばせていた

塩饅頭であった。

慌てて拾いに行く自分の姿。あまりにも恥ずかしかった(笑)

塩饅頭を持ち歩くオンナって!食いしん坊か!

食いしん坊と言えば、塩饅頭事件で思い出した。

このあと、マンツーマンレッスンを生徒さんのご自宅でやったあと、すぐに難波に移動せねばならない。

いつもならば、レッスン後に季節のお茶菓子が運ばれて来て、しばしお喋りタイムを楽しむ。

しかし、今日はその時間が無さそうである。

いつもわざわざ私好みのお菓子を買いに行ってくださっているだけに、食べる時間が無い、とお断りするのも失礼だ。あぁ、もっと前もって連絡しておくべきだった。

どんなお菓子を用意してくれていたのだろう。。。食べたい。。。←そこが1番重要?(笑)

お宅に到着しその旨を告げると、移動先までの路線を教えてくれた。私が思っているほど時間がかからないことが判明!

もしやのお茶菓子タイム、あるかも?!どんなお菓子だろう←そればっか

レッスンが終わりに近づいた頃、お母様がお茶を運んできてくれた。

「先生、お菓子を召し上がるお時間ございますでしょうか?」

「今日は五感の栗のショートケ、、、」

食べます!←被せ気味に

「あぁ良かったです(笑)」

たいへん美味しゅうございました( ´ ▽ ` )

いや、お気遣いなさらないでくださいね。決して、毎回お菓子があるなどと期待しておりませんので(笑)

その後、これもどうぞと「ええもん(マドレーヌ)」まで包んで持たせていただきました。

バッグの中に、塩饅頭とマドレーヌ、飴ちゃん、ガム、後にお持ち帰りのオニギリも入りました。

いま、被災してもけっこう生き延びられる(笑)と思った。

こちらの記事もぜひ

うっかりBARは中央区

見た目に耐える

痛みに耐える

コメントを書く