アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

とどめのお久しぶり?

ここのところ、お久しぶりの出会いが多い。

そんな中「えーーーー!」な再会が。

いや、偶然ではなく「会いにきてくれた」再会。

今夜はフランスドールが来日しているのでお客様が多いかな?とマネージャーに手伝いをお願いしていた。

ところが!開店してみると、、、

私のお仕事仲間が立て続けにご来店。

すると、そこに更に4人組(のちに遅れてもう1人)が登場!

しかもその先頭にいたのが!

しゅーーーちゃーーーん!!!!

そう。LINEのやり取りこそ年1-2回はあるものの、すっかりご無沙汰されてしまっていた

カンヌ映画祭に私を連れて行ってくれた監督「山下修平」だったのだ。

「お久しぶりですー」

プロデューサーやらディレクターを連れて来店してくれた。嬉しい。

ただ、私とマネージャーはアホみたいに忙しく(^_^;)

「キャプテン!先週のデジャヴのようです!」

料理を作り続け、洗い物し続け

ふと時計を見るも

「また21時、、、」みたいな(笑)

そんなことでバタバタしつつ、一瞬でも修平君の席で話をしようと座ったら、、、

入り口でなにやら男女のお客様が来店し、マネージャーと話している。

誰だろう?ん?私の知り合い?

席を立って出向くと、、、

あーーーーーー!!!!

「お久しぶりですぅ!」

なんと、かれこれ5年以上前に、私のネイルをやってくれてたMちゃんではないか。←ほんとは名前忘れてて尋ねた(笑)

友達と飲んでて、もしやまだこのBAR がやってるのでは?と不安いっぱいな中来てくれたそうな。

彼女が来店したのはオープン直後の1度きりだった。よく場所も覚えてたなぁ。

携帯のデータが消えたらしく、LINEも繋がらなくなってしまっていたが、これで御縁が復活。

相変わらず美人のMちゃん!会えて嬉しかった。

一方、修平君は途中居眠りしていたが、帰る頃になって、近寄ってきて

「しもつまさん!」

はい?なに、ち、近い(笑)

「ぼく、結婚するんですけど」

知ってるって(笑)破談になってなくて良かったよ。

「まだあと1カ月ありますからわからないですが。結婚式来てもらえません?」

え!いいの?来月!!いつ?!

あれれれーこれこそデジャヴだよ。夢で見た気がする。いつだろう、だいぶ前に。

その時は修平君が結婚なんていつのことやら、と思ってたけど。しかも、そういえばうっかりBAR での会話だったと思う。

かくして、スケジュールも大丈夫で思い出いっぱいの彼の門出をお祝いさせてもらえることになった。

嬉しすぎる。

暢気な店ではあるが、こんな時はやっぱり「やってて良かったなぁ」と思える。

細々とでも続けていること、それは店だけではなく

ささやかでも生き続けていれば何か幸せに巡り会えるし、歩き続けていれば誰かと出会う。

仕事も、頑張って続けていれば良き御縁がある。

今でもいつ死んでも構わないと思っているけれど、生きていることに感謝。

懐かしの1枚。

こちらの記事もぜひ

ありがとうはお互いに

ボスがびびる仕事

大富豪で負ける

コメントを書く