アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

わたしのおとこ

略して(笑)

正しくは

「わたしをカンヌに連れて行ってくれた男」

修平くんが結婚した。

わたしなんぞが結婚式に呼ばれたのはびっくりだったけど、席次表を見てよくわかった。

極力職場の人を少なくして親族、友人を中心にした温かいパーティを作りたいというお二人の気持ちが表れていた。

わたしも「新郎の友人」枠(笑)

初めてお会いした奥様は、とても綺麗でキビキビしていて、ちょっと気が強そう(笑)

でも、こんなタイプが修平くんには合うだろうなぁと思っていたので納得した。

海の見えるチャペルでの人前式。

みんなに見守られての結婚宣言。

披露宴も温かく和やかに進んだ。

修平くんの大好きなお寿司の乗ったウェディングケーキ(*≧∀≦*)

任天堂SwitchのCMは修平くんがいくつか担当してる。

人前式のあと、修平くんのお友達から声をかけられた。

「わたしのお菓子の女優さんですよね?」

結婚式を前に、昨日改めてあの映画を見直してみたのだそう(笑)

「修平、ほんとにすごいなぁと思いました」

ご両親にも

「映画の方ですよね!」

嬉しそうに声をかけてもらった。

こんな風に、修平くんやわたしだけでなく、周りの人の記憶にも残ってくれている作品。関わらせていただけたこと、改めて有り難く思った。

今考えても、あのカンヌ国際映画祭は奇跡だった。わたしの人生にあのような華を添えてもらえるなんて想像もしなかった。

修平くんがわたしを選んで主演にしてくれたことも、未だに不可解だ。

テーブルに置かれていたわたし宛のメッセージカードには

「また映画を作ることになったら出演してもらえますか?」

だって(笑)

出る出る。役者ちゃうけどね。

「わたしのおとこ」がさらに大きな舞台で活躍しますように。

奥様とともに幸せに包まれますように。

結婚おめでとう。

こちらの記事もぜひ

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く