アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

遊び心

ナレーションに遊び心を持つ。

冒険する。

こーゆーの、若い頃は分からなかったなぁ。

必死に真面目に正しく!

そんな感じで読んでいた。それで仕事をたくさんさせていただいた。でも、、、

つまらない読みだと思い始めて、それをなんとかしたくて東京に通い始めた。

語座でもやっぱり基礎。型を訓練させてもらってるなかで、、、

ようやく少しずつ工夫とか遊びを理解できるように。

まだまだ真面目だけど。

いま、若い子たちに指導していると、荒削りながら思い切って読んでる人に出会う。

おぉー、羨ましい!と思う。

私を見ているような真面目な人を見かけると微笑ましくなる。焦らないでもそのうち。。。と。

いま、なにもかもにおいて心がけてるのは「遊び半分」の気持ち。

好きな仕事にせっかく就いたんだから、楽しませていただきます!

うっかりBARも遊び半分。

ボランティアもついでにボランティア!

でも、やる時はやる。

そんなメリハリのある動きがしたいなぁ。

先日、外食の折に楽しい遊び心に触れた。

デザートに出てきたこれ。

ホワイトチョコのクッキーなんだけど、食べると棒の先に当たりがついてるの。

5分の1の確率。

2人でそれぞれ選んで、、、ハズレた(笑)

持ってねーなぁー。

素敵なおまけにホッコリした。

遊び心とはサービス精神だと思う。

ナレーションでもそう。こうして読んだらもっとわかりやすくなるかも?イメージが膨らむかも?

うっかりBARで料理するときも、より美味しいものを。

ボランティアも、よーし!もすこしだけサービスがんばっちゃお!

ニーズに沿った、独りよがりでないサービス精神で

自分の心も満たされるのかな。

こちらの記事もぜひ

当たり納めになるか?

やる気満々

コメントを書く