アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

頑張った仲間たち

早朝から朗報が届いた。

ちょうど1年前から指導し始めた生徒が、はじめてのMC仕事を成功させたのだ!

仕事前の最終レッスンの時

あ、これならば大丈夫だわ。

と確信はしていたものの、やはりアクシデントがあったりすれば対応力が問われる。

どうだったかなぁ、、、。

でも、杞憂に終わった(^^)

「先生のおかげで皆さまからもお褒めの言葉をいただきました!」

素地が良かったとは言え、まったくの素人さんだった彼女がたった1年でデビューするのはかなりすごいこと。

もちろん指導をしたのは私だけど、彼女の日々の努力の賜物なのだ。素晴らしい。

年末はこの1年を振り返る時期でもある。

自分自身の成長は大して無いものの(;´д`)周りの人の成長した姿を見て

あぁ、1年頑張ったんだな、と実感する。

Jさん。ほんと良かったね。

頑張った、、、と言えば、、、

今夜はエドボリガイズの打ち上げだった。

今年の48時間。作品賞は逃したが、最優秀主演男優賞を受賞するなど、目出度い結果となった。

端野監督はマイペースキャラではあるが、スタッフみんなに対しての思いやりが深くマメな人。

今回も、自分で打ち上げの企画して準備して呼びかけて、監督ながらなんでもこなしていた。

こちら手前の左が主演男優賞の高橋さん。

右は最優秀コスチューム&メイクアップ賞の坂田さん。

改めて表彰。

メイクの坂田さん。けんちゃんをネアンデルタール人に仕立て上げた力は見事(笑)

あ、作品自体はツッコミどころ満載のストーリーだけどね(^_^;)

映画の撮影は楽しいし演技の勉強もできるので、またお手伝いしたいなー。

打ち上げ最後は同じく端野監督の八尾映画祭の出品作品(八尾市長賞受賞)で主役を演じた山本さんの音頭で大阪締め。

ま、いったん締めたけど、もちろんハシゴ酒で(笑)

最後は久々カラオケまで〜

真夜中、広瀬香美を熱唱して終了した(笑)

皆さん今年もありがとうございました!

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く