アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

イヴのバチ当たり

10月からスタートした「防災キッズ育成プロジェクト」も今日が最終日。

過去2回の体験報告と、フォーラムだった。

全体のMCはナレ友のKリョーに任せて(なんか照れ臭いが)私はコーディネーター役として紹介してもらう立場で登場。

親子3組に話を聞いて報告する第1部。

その後、東大の先生たちのお話などがあって、第4部でパネルディスカッションのコーディネーターを務めた。

全体的に押してる上、パネラーの方のお話も予定を大幅にオーバーし(笑)

クロストークの時間がほぼ無い!

しかし、このまま終わってはパネルディスカッションにならない!

しかも多文化共生の話題というのは奥が深くて、答えなんて見つからないし、、、(~_~;)

話を聞きながら着地点を見つけて、なんとかそれぞれのお話から結びつく締めの言葉を私から話して終了したー。

やれやれ(笑)

さて、本来なら、このあとは家人と待ち合わせてクリスマスディナーの予定だったのだが

私は慌てて帰宅し、帰りにスーパーに寄って丸鶏やら野菜やら購入。

帰宅すると着替えもせずにローストチキンの下ごしらえに取り掛かった。

え?待ち合わせてクリスマスディナーじゃないの?

そう。急遽、ホームクリスマスディナーになったのだ。

何故なら!

今朝の出来事。

「ちょっ、とよ、とよ、、、」

階下から聞こえる家人の声。

降りてみると、、、ソファにもたれかかって「ヒーヒー」ゆーてる。

どしたの?!

「こ、こし、、、」

スタッドレスタイヤに交換している最中にやったらしい(;´д`)

一発で治してくれる整体も今日は休みだし、とりあえず安静にするしかない。

ということで、ホームクリスマスディナーになったわけである。

でも、フランスドールから作り方を聞いていたローストチキン。ぜひやってみようと思っていたのでちょうど良かった。

帰宅して1時間ちょっとでディナーテーブルが仕上がった。

 

慌てて作ったこともあって、チキン以外はスープくらいで手抜きだけど(^_^;)

ローストチキンがあるだけでもオーケーじゃない?

ギックリ腰の家人も喜んで起き上がり、泡も飲んで痛みを紛らわす(笑)

さて、そんな中、家人の友人の鍼灸師から「応急処置の方法」についてのLINEが届いた。

そのメッセージの最後に「バチが当たったんんちゃうか?」

思わず

バチが当たるようなことしたの?(笑)と私。

「いやいや、からかってるだけだよ」

ふーん。

私が自分で「バチが当たった」と言ってるのと、誰かに言われるのって微妙に違うけどなぁ。

でも、バチが当たったようでいて、今夜のディナーは完全な上げ膳据え膳で、家人はたいそう満足顔だった(笑)

バチも捉え方ひとつ。

今日のフォーラムでもそんな大切なお話があったな。

「せっかく避難したのに大したことなかった」

ではなく

「大したことなくて良かった」

と思うようにすれば、本当に一大事のときにも命を守れますよ。

と。

話を無理矢理元に戻しました(笑)

メリークリスマス!

カミサマ、健康に感謝します。

こちらの記事もぜひ

奇跡の取材

25年の記念日です

私の名前は夏子です

コメントを書く