アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

そこまでやるのか!

隠れ家にて牡丹鍋。

故郷が丹波篠山の人なので猪肉の一番美味しい店、一番美味しい食べ方を知っている。

朝からわざわざ特急こうのとりに乗って買い出しって(笑)

その店の猪肉は絶対に散弾銃を使っていないので臭みゼロらしい。

うむ。美しい!

これをすぐ鍋にするのではない。

まずは丹波篠山の人は必ずやるというこれ。、

軽く焼いただけで食す。

あまーーーーーい!

そしていよいよ鍋のスタート。

美味しすぎだわ。

この前いわやで食べたばかりだけど、自家製牡丹鍋も完璧だ。味噌の加減もバッチリ。

パーフェクトなおもてなしを受け、この方の並外れた力を実感。

仕事も料理も隠れ家のセンスも流石!のひと言に尽きる。

あー楽しかった。

隠れ家っていいなー。

こちらの記事もぜひ

豪華すぎる夜の話

おやつを食べる人

コメントを書く