アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

もう一度聞きたい

この前受かったオーディションのオリエンテーリングがあった。

私は集合時間の10分前に到着。

受付で待っていたら担当の方が迎えに来てくれた。

あれ?私だけ?

「他の方は先に来られたのでもう上に案内したんですよ」

え?!わたし時間間違えてました?すみません遅れて!

いきなりやっちまったのか?(^_^;)

「いやいや、下間さん合ってます。他の人が早すぎるんですよ(笑)」

あははは。良かった。

10分前は普通だよね。どんだけやる気満々(笑)

で、それが幸いして、その方と2人で7階フロアに向かう間、少し会話。

あんなんでよく受かったなぁと(笑)

「ははは、かなりテンパってたのはわかりましたよ。でも、あの日集まった人はイマイチで、だんとつでした。」

わ!ラッキーですね、わたし(笑)

「いい声で、もう一度この人の声、聞きたいと思いました」

こんな嬉しい褒め言葉あるだろうか。

わたしはオーディション初日の2人目だった。

順番的にも損である。

しかし、日にちごとに絞ってくれたのだろう。本当にたまたまのメンバーだったに違いない。

一緒に受けたAちゃんもすごく安定したいい声だけど、どうやら今回はアナウンサーっぽい人が良かったのかも。

しかし、テンパりながらの読みでも、声が気に入っていただけるのは本当に幸せなことだ。

そんな話をたまたま1人遅れて来たものだから聞かせていただけた。

オリエンテーリングはフロアの説明やら放送の流れなど。

昨日の放送のDVDと原稿をもらい、これは自宅での練習用。

楽しみだなー。

初見読みの練習もがんばろ。

こちらの記事もぜひ

銃声

うっかりとボケ

11年前

コメントを書く