アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

プロデューサー業

プロデューサーの真似事をしている。

クライアントの希望に沿うよう映像を作る。

予算の中で、クライアントの意見を多少取り入れ、時に却下し、スタッフの意見も交えて良いものを作る。

たいへん(笑)

特にたいへんなのは、クライアントの希望が漠然としているのをなんとか自分の理解と一致させるところだ。

この前言ったことと平気で違うことを言う。

それに振り回されていると予算が追いつかず、納期が遅れる。

あわわわ。いつもこんな風に皆さんやってて、最後に私がナレーションして終わるのか。

勉強になるなぁ。

プロデューサー兼ナレーターでもある私は、今日はナレーション収録の際、ほぼ自分の考えを通しつつ、クライアントの希望していると思われる読みも試してみたりして

納得してもらうよう努めた。

くたびれたぞ!

ということで、収録後は美味しいものを食べさせていただきながら打ち合わせをして

お酒飲んでスッキリ(笑)

クライアントが毎回こうしておもてなししてくれる仕事なら嬉しいけど。

現実は違うことも知っている(⌒-⌒; )

今日も青空の下の桜を一枚。

造幣局の通り抜け。今日からです。

行きたいなぁー。

 

こちらの記事もぜひ

私のための時間

98点

冒険したい!

コメントを書く