アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

冒険したい!

今日の仕事はすごく重いものだった。

遺骨返還。

韓国や北朝鮮を日本が統治していた頃に連れてこられ

亡くなったあと、故国へ帰れず日本に残されてしまった遺骨。

それを韓国へ届け供養するドキュメント。

オンエアものでは無いのだが、これはもっと知られるべき話だと思った。

それにしてもとても読みやすかった。

ディレクターさんが私の読みを理解して当て書きしてくれていることもあり、映像のタイミングと読みのタイミングが絶妙。

なので、尺の心配はする必要がなかったので読むことに注力できた。

暗すぎず、かつ距離感を工夫しつつ心を込めて読むよう心がけた。

お陰でクライアントの方はプレビューで拍手を送って感激してくださった。

あぁ、良かった。

やはりこういうお仕事がいちばん好きだな。

さて、仕事と言えば、、、

キャストのナレーター就任のお祝いをいただいた。

名前入りの名刺入れ。

表からも裏からも開けられて、自分の名刺といただいた名刺を分けて収納できる優れもの!

とても綺麗な赤なのだが、今年の仕事運の効果があるラッキーカラーなのだそう。

思いがけないプレゼント。

すごく幸せ!

シャンパンで乾杯し、肉ざんまい。

毎度のことだが残った肉はお持ち帰りに。保冷剤は高級スジ肉っておかしいよね(笑)

で、色々話して生放送のナレーションだからこそできる冒険もあるな、と思った。

まだまだ余裕は無いけれど、局アナさんがやらない、知らないテクニックを持っているはずの私たち専門職。

収録できるコーナーならなおさら。

「やり過ぎ」と言われたらやめる。

これくらいの覚悟で冒険する。

うん、明日さっそく!

しかし、、、ニンニク臭ヤバそう(笑)

こちらの記事もぜひ

蜘蛛の糸

夢の中

初めてがまたひとつ

コメントを書く