アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

平成最後の

令和になると決まったあともなかなかピンと来ない。

そもそももうすぐ4月が終わる、、、という意識も無い。

今日は朝からバタバタだった。

石見神楽の紙芝居動画の英訳が朝イチに届いたのだ。

翻訳チェックを急ぎでやる。

いや、チェックもなにもよくわからんのだが(笑)わかる範囲で確認。テロップにするとき、どこで行替えするのか?なども、、、睨めっこ。。。

仕事は午後からだったが、そのままうっかりBAR に突入するため今やらないとスケジュールがずれまくる。

さらに、家人の晩御飯の支度をし、夜のうっかり句会の用意をし、もうひとつ重要な任務、、、

ラーメン屋の準備も!(笑)

先日共同購入した大槌のラーメン。

「売って欲しい」と頼まれたものだから、あちこちに声をかけ34袋買うことになった。

午前中に届くよう頼んだのだが、いつまでたっても来ない。

もう11時30分過ぎたよ。。。

到着したのは11時45分だった。

34袋。まったくイメージがつかなかったがすごい量であった。

しかも生麺なのでひとつひとつがずっしり。

でかい段ボール箱がふたつ。

腰をいわしそうになりながら運び、冷蔵庫にしまう。

ぎゃー!冷蔵庫パンパン!

今日持っていくぶんは保冷バッグに入れてゴロゴロに。

むちゃ重いよ、、、(~_~;)

これ引っ張って仕事へ向かう。

仕事場、エレベーター無いし!

仕事が終わったのが17時30分。

うっかりBAR に行く前に一軒ラーメン配達(笑)

毎度ありがとうございます!ラーメン持ってきました!

「あぁ、ありがとう!ご苦労さま!(笑)」

あ、ゆーときますが、一切上乗せして販売などしてません!

ところで

仕事のあと、スマホを見たらLINEが溜まっている。その中に

「今夜はうっかりBAR やってますか?」

の問い合わせがいくつか入っていた。

中には東京の知り合いからも

「俺は行かないけど、どうしたの?」

いつもFacebookで告知しているのに時間が無くてアップしていなかったのだ!というか、忘れてた( ̄▽ ̄;)

歩きスマホでアップしたいところだが、上の写真の荷物があるので出来ない。

うっかりに18時過ぎに到着。準備で忙しくしているうちに、、、

あーあ、18時30分になっちゃった。ま、いっか!

常連さんが来た。

「どーしたんですか?キャプテン!体調でも悪いのかと心配しましたよ。今日は平成最後のうっかりBAR なのに」

え?!

そこで初めて気がついた。そして今日のブログの本題にようやく結びつく(笑)

来週は祝日。ほんとだ、、、最後。

なんか元号が変わることになんの興味もなかったが、改めて言われると少し重みを感じる。

実は5月1日は「副キャプの命日」で、令和元日よりもそっちが大切だったのだ。

平成の30年間。確かに色々あった中、うっかりBAR を始めてもうすぐ6年。

今日は平成最後のうっかりBAR だったのかぁ。

お陰で賑やかな店内となり感謝感謝。

お帰りの際には

平成もお世話になりました!令和もよろしくお願いします!

こう言ってお見送りした(笑)

「時代」

やはり歴史が重いな。

平成はその名の通り平和だったな。

今夜うっかり句会に出した渾身の一句はこれ。

たいして点数は入らなかったが、私の気持ちは1番入った句会だった。

紫電改に憧れて燕果つ

御国の為なら命を捧げる。そんな若者たちがいた昭和の時代を詠んだ。

令和のうっかりBAR の歴史はどうなるかな。

こちらの記事もぜひ

入れ食い!

誤差なし

Go to

コメントを書く