アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

いくつになっても。

夕方、家人と車で出かけた。

屋内駐車場に車を停めようとしたところ

「ぷーっ!」

クラクションを鳴らされた。

ん?なんで?誰?

ふと隣の車を見ると、、、

あらかわゆい(*^ω^*)

ワンコがこちらこを見ている。

お留守番してるのねー。偉いねー。

声をかけると

「ワフッワフッ」

返事してくれた。と、そのとき

「ぷーっ!」

あ、そーゆーこと!?

そのワンコが、後ろ足で頭を掻いたときに脚がクラクションに触れて「ぷーっ」と鳴ったのだ。

あははは。キミでしたか、犯人は。

しかし、屋内とはいえ、窓に隙間はあるとはいえ、そろそろ気温も上がっているし危険だよね。

実は昨日作った大根の煮物。

キッチンに出したままにして1日経ったらもう悪くなっていて大ショック(T ^ T)

毎年この時期1回は失敗してるなー。いきなり暑くなったものね。気をつけねば。

さて、昨日新たに個人レッスンの依頼を受けた。3つ歳上の役者さんである。

以前うっかりBARに来てくれたこともあって、この前のNATSの舞台も観に来てくれた知り合いの男性。

今日はその方と指導方針やご希望のやり取りをさせてもらったのだが、もう一度ボイトレからやりたいとのことだった。

これまで色々な方に指導してきたが、歳上の方は滅多に教えない。かつて弁理士さんの事務所で指導したことはあるけど。

というか、50歳回って、まだまだ上達したい!という前向きな姿勢を持ち、歳下のオンナに「教えてくれ」と頼むのは勇気のいることだと思うのだ。

えらいなー!

私で良ければ。ということでお引き受けすることにした。

教えてる人が仕事で成果を上げてくれたら最高に幸せ。

でも、そんなに世の中甘くないのも現実。

頑張るしかない。

こちらの記事もぜひ

奇跡の復活劇

コメントを書く