アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ブルガリのピアス

「それ、ブルガリのちゃう?すごいね」

私のピアスを見て、その人は言った。

なんでやねん。安物です。

「うそー見たことあるで。ブルガリのんそっくりや」

そうなん?じゃあ見比べるから買ってきて(笑)

私はブランドに疎いのだが、さすがにブルガリくらいはわかる。

そういう高級品を持ちたくないわけではないが、分不相応だし、そもそも買えない(笑)

ただ、高級品を身につけていても、そう見えない人もいれば、安物でも高そうに見えることもあるわけで。

ってゆーか、この人、見る目がないんじゃない?はたまたこの安物のピアスがよく出来ているのかしら(笑)

「うっかりBARの缶ビールはいいけど、グラスはもっとキンキンに冷えてないとなぁ」

冷やしてるわよ。2千円飲み放題は同グラで勘弁して。

鋭い文句を言われる。

しかし、私のカレーは大絶賛。あんな手抜きカレーなのに。舌、大丈夫?

そして、、、

「まぁまぁ、、、やな」

今夜の寿司屋の感想は辛口。

でも、、、確かに「まぁまぁ」だった(笑)

いつも思うが、外食でリピーターになるのは「感動の出会い」があったかどうか?

あとは何度食べても「飽きない味」

残念なことに人の心は、すぐ「飽きる」

となると、大切にしなければいけないor大切にしたい「高級品」であれば良いのか。

高級品でも飽きるものは飽きる。

感動の出会いから、何度食べても飽きない味へ。

すべてにおいて。

噛むごとに違う横顔麦の秋   京町

小鮎は美味しかったです。

素材のチカラだけれど。

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く