アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

別人

「そんなに違和感ないですよ」

隣の席で、いつも色々教えてくれるYさんが言った。

ABCの報道フロアでのひとコマである。

今年のアレルギーは特にひどく、鼻声に掠れ声とダブルで発症。

掠れは喘息が原因で、低音が出ない。

今日の特集でも、文末を落としきりたい内容なのに出ないので、浮いてしまう。

加えて、今朝はサンマに4時30分に起こされてチョー寝不足。

それが14時過ぎに眠気のピークがやってきた(^_^;)

原稿がよく見えない、、、

必死に集中して、もちろん声が出なくても内容をしっかり伝えようと努める。

ところが、いつもに比べてとちったり、読み間違えたりするのだからわかりやすい話だ。

これは収録の話なので修正できるからまだ良い。

生読みが問題。

眠気は消えていたが、やはり声はひどく、二箇所も噛んだ(笑)

「ぜんぜん噛まないですね!」と先日の飲み会でアナウンサーさんに言われたばかり(笑)

やれやれ。早く完調になりたいものだ。

さて、話は元に戻る。

隣のYさんに「そんなに違和感ない」と言われたが、仕事あと飲みに行ったら友達がたまたまオンエアを見たらしく

「別人みたいな声だった」

また、ナレ仲間のMさんからも「鼻辛そう、、、」とLINE。

そう。私のほんとの声をよく知っている人からすると

「やばい鼻声」

なのだ。

あ、そっか。

Yさんと知り合って2ヶ月。その間週一でしか行かない私。そして、ほぼ鼻声。

まだほんとの声をほとんど聞いていないのだ(~_~;)

わたしサイテー。アレルギーやべぇ。

ナレーターのデスク。

私の持ってきたウサギさんの加湿器に加え

Mさんからディズニーのキャンディボックスも。

乙女な雰囲気になりました(笑)

こちらの記事もぜひ

蜘蛛の糸

夢の中

初めてがまたひとつ

コメントを書く