アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

一歩

教え子が言った。

「僕を数年前に見た人が(霊視で)あり得ないことを言っていたのに、、、当たりました、、、(笑)」

「まさかの舞台でまさかの役ゲット!」

ほほー!

「先生のおかげです!」

いやいや(~_~;)

私はなんの貢献もしていないが、たしかに「あり得ない」展開の渦に、彼は巻き込まれていて、私も巻き込まれている。のか?

だとしたら素晴らしい展開だ。

私にマンツーマンレッスンを頼んでくる人は珍しいのであるが

運良く展開した人の話を聞くと、まるで私の力でそうなったかのように聞こえる(^^;;

違う違う!

運をつかんだのは本人の勇気ある一歩のおかげ。

すると、触発されたのか?横でその話を聞いていた別の生徒さんから

「次もレッスンお願いします!」

いつもより勢いのあるメールが届いた(笑)

ハイ。やりましょ!いきましょ!

やれることはなんでもやりますよ、わたし。

単純(⌒-⌒; )

でも、頑張ってる人を見ると応援したくなるのです。

こうして

嬉しいこともあれば

嫌なこともある。

お手洗いにて、思い切り毒吐いて流してみました。

あんまり効果なかった(笑)

 

こちらの記事もぜひ

蜘蛛の糸

夢の中

初めてがまたひとつ

コメントを書く