アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

補填

明日から岩手に行くので朝から準備に追われていた。

荷物の準備ではない。

不在中、家人の食べるものを用意するのである。

居酒屋メニューのようにお惣菜をあれこれ作りまくった。

早起きしたのでキッチンはまだ涼しい。

あと2.3品作りたいところだが、それはまた明日にして

今度は「三陸海の盆」の司会の資料作り開始。

毎年のことであるが、ほぼ丸投げの進行である(笑)

イベントのチラシさえ送ってきてくれないからなー(^_^;)放置ぷれいもいいところ。

さて、ようやく一段落したところで梅田に出かけた。

マツエクの予約である。

付け直し120本。所要時間70分。

エアコンの効いた快適な空間で、椅子に座ると、自動でベッドのように倒れる。

「ではオフから始めますね」

目を閉じる。

と、次の瞬間!

 

フガッ!

 

鼻が鳴った。

自分のイビキで目覚めたのだ。

ん?もしや、、、寝てた?いつの間に?即落ち?

 

記憶にあるのは

「オフから始めますね」

というオネーサンの言葉のみ。

すげー。わたし。

熱帯夜続きで熟睡できてないうえ、早起きだったせいか、この心地良い空間、あっという間に夢の中に入ったらしい(笑)

オネーサンは慣れたもので、お客がイビキをかこうが黙々と仕事する。

そこからは寝なかったが、15分ほどで終了しただろうか。

かれこれ1時間弱、寝たわけである。

あー、スッキリ!

都会の青空。

今日は立秋だよ。

こちらの記事もぜひ

螺旋

向き合うということ

コメントを書く