アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ぴーーーー!

昼前にスタジオ入りした。

大勢の役者さんたちとの共演は楽しい。

しかも高級お弁当も出てくるんだから、テンションあがる。

桝本のお弁当は懐かしい想い出の味。

語座の本公演の恒例お弁当で、二段重。楽しみのひとつだった。

これだけでも幸せなのに、15時になったらオヤツまで!

どれだけ贅沢な現場なんだ?!

千疋屋のスイーツ。さすがの実力ですっ!

さて、順調に収録は進み、夕方になると徐々に出番を終えた役者さんが帰っていく。

残り3本。

あれれ?

3人の出演者で構成されるCMなのに、2人しか残らないのは何故かしら。

今から新たな人が来るのかな?

と、思いつつ、ふと、スモーキングコーナー(煙を吸う機械があって、そこにスモーカーがくる)を見ると、、、

ぴーーーー!!!!

可能な限りの高い声で叫んでしまった。

「なに?なに?わぁ!」

でっかいおじさんが驚いてこっちを見た。

そして

「おぃ、やめてくれよ、俺がライター点けた瞬間、ぴーーーーって言うから、報知器かなんか鳴ったかと思うだろ!」

ごめんごめん。だって。。そっか、ぴー様か!相手役は。

ぴーーーー

と叫んだのは、そのでっかいおじさんの渾名で「ぴー様」の「ぴー」(笑)

久しぶりの共演。ラスト1人の出演者がぴー様だったのだ。

嬉しいなぁ。

5年ほど前。初めて現場でご一緒して、すっかり仲良くなったナレーターのぴー様。

春以来会っていなかった。

「おぅ、このあとどうするの?うまいもん食いに行こうよ」

あ、、、、ごめんなさい(^^;;

「えぇ!?なんだよ、ダメなの?つまんねぇなぁ」

すでに約束を入れてしまっていた。

と、断っているのに、15分に一回ペースで

「なぁ、うまいもん食いに行こうよぉ〜。約束やめちまえよ」

半ば懇願してくるぴー様(笑)

もう予約してくれてるし、ダメなのよ。

「ちぇっ、なんだよぉ」

相変わらず面白い。

そして、相変わらずとってもイイ声だった。

そのイイ声で言う。

「なぁ、ほんとにダメなの?なに食いに行くんだよ」

寿司だよ(笑)

「寿司かぁーーー!良いよなぁ寿司!でもさ、面白くなかったらすぐに俺に連絡しろよな」

ハイハイ(笑)

昼前からの長丁場の現場だったが、ほんとに楽しい締めくくりとなった。

もちろん、そのあと、ぴー様に連絡することはなかった(笑)

 

 

こちらの記事もぜひ

身体全体で読む

責任感

恥さらし

コメントを書く