アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

時折雪が舞っていました

1996年11月30日土曜日。

その日はすごく寒くて、陽が差したと思ったら小雪が舞う。不思議な天気でした。

たくさんの荷物を持って、お気に入りの紫色のワンピースを着て、慌てて二条木屋町にあるホテルへ向かいました。

もうすぐホテルに着くというころ、気づきます。

げ!チャック全開!

このワンピース。背中ではなく、左側の脇の下から腰骨あたりにかけてチャックがあるタイプ。

そのチャックが全開で、下からスリップが丸見えだったのです。

まったく、今も昔も変わらず、、、うっかり屋のわたしなのでした(笑)

で、その日から23年。

本日はちょっとめでたい記念日。

あの日と同じ11月30日が土曜日に当たった。

奇跡的に今年も記念日を迎えることができた。

本当に奇跡だ。

感謝やお詫びの気持ちが湧き上がる。とはいえ、いつもと同じ一日で、すごく当たり前の感覚でもあった今日。

永遠などないと知っているのに、いつまでも続くのではないか?と、ついつい思ってしまいそう。

神様は慢心を見抜いた瞬間に罰を与える。

いけない。いけない。

過去は単なる事実であり、未来を約束する糧ではない。

戒めつつ、幸せに、きちんと感謝します。幸せを、きちんと感謝します。

おめでとう。ありがとう。

シャンパンで乾杯。大好きな寿司屋にて。

日本酒は4合。いい感じに酔ったので

2人ぶらぶら歩いて帰りました。

こちらの記事もぜひ

四季折々

人気者?

仕切りが大切

コメントを書く