アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

師匠と会いたい熱

正月休みも今日で終わり。

昨夜は宿で明け方近くまで飲みながら映画を観ていた。

それでも朝食はしっかりいただく!

つもりが、、、やっぱり胃腸がまだダメージ受けてる中、長時間飲んだのでついていけない(⌒-⌒; )

土鍋ご飯なんてサイコーに美味しかったけど、仕方なく家人にほぼ食べてもらうという。。。

さて、宿に別れを告げてシメは城崎温泉。

久しぶりに鴻の湯でゆったり温まり、いよいよ二泊三日の旅も終わった。

帰宅後。

3日以降に届いた年賀状を読みながら、ふと思い出した。

元日に師匠に年賀メールしたら宛先不明で戻ってきてしまったのだ。

師匠に年賀メール?年賀状を出さないのか?!

と叱られそうだが、師匠側が年賀状仕舞いをしたので、送るのもご迷惑かなと今年はメールにしたのである。

それなのに、、、

まさか電話番号まで変わってないよなぁ?

ドキドキしながらショートメールすると、、、

あぁ!良かった!すぐにご返事いただいた。

しかし、アドレス変更のお知らせくれないなんて、冷たいなぁー。

と思っていたら

そんなの序の口。

「念のため電話番号も入れて」

とメッセージが。。。

って!電話番号も消されてるやん!!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

まぁいいや(笑)

久しぶりにお会いしたいなぁー。色々懐かしい話もしたいし、いま、どんな風にナレーションに取り組んだり語りを考えてるのかな?

師匠はかつて女とは2人きりで会わない!主義だったけど、、(笑)

いま、私には教え子がたくさんいて、でも、師匠と弟子のような密着感はない。

あの濃密な10年。

師匠から口移しで学び、自分で咀嚼したことのすべてが、血となり肉となっている。

感謝の気持ちは増すばかりだ。

って、これが同じ語座メンバーでも人それぞれだから面白いなぁ。

師匠のもとへなりふり構わず飛び込んだのは15年前。

若かったな(笑)

師匠に会いたいな。

こちらの記事もぜひ

論理的思考

素敵な寄り道

コメントを書く