アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

塩っぱい甘い

明日の仕事を延期させていただいた。

叔母の葬儀の件で、時間をずらせるか?と打診したところ、ぜひ参列してあげてくれ、とご配慮いただいたのだ。

本当にありがたい。

今日は午後からアルツの叔母の施設でミーティング。

今後の方針について相談する。

私は天満橋から門真へ向かった。京阪電車で。

ところが、気づくと「次は寝屋川」

えーーー!

しまった、乗り過ごした。

おかしいなぁ、、、

慌てて戻るのだが、そこで気付いた。

守口で各停に乗り換えねばならなかったのだ。

あ、普通、こういうとき、お金を支払わないといけない?!

ど、どうしよう、、、そのまま戻ってしまったよ(⌒-⌒; )

 

施設と、ケアマネとがんがん話し合い。ほぼ私が喋ったかも、、、だが、向こうの立場もわかるが、弱者に対しての言葉にイラッとすることもある。

幸い、同席した叔母の孫が切れる子で、真剣に祖母のこれからを考えてくれている。そう思った。

叔母に、もう1人の叔母の訃報を伝えると、瞬間正気に戻って泣き出した。

知らないほうが良かったのかもしれない。

しかし、ぜひともお通夜に行きたいと言った。

この意思は本物であり、尊重したいとみんな同意。

黒い服に着替えようと言うと

「ストッキングがない」

とハッキリ言う。

私が慌てて近所に買いに行き、履かせる。

喪服になった叔母はかつて元気だった頃と同じようにお洒落なお婆ちゃんだった。

同じ話をループしつつも

「そうなの、こんな早く死ぬなんて、あんなに元気だったのに」

時折正気に戻る。

ただ、私は今夜のうっかりBARのためそこでお役御免。

1人になるとめちゃくちゃ疲れて(笑)

お腹は空いていないが、やけに塩っぱいものと甘いものが食べたくなった。

で、コンビニでジャガビーとエスプレッソオーレを買って、ガラガラの各停車内で食べた。

なんだろ、この癒しは(笑)

さて

今夜のうっかりBARははじめての方がたくさん。また、久しぶりの方も。

キャストのスタッフさんたちはじめ

一見さんのアメリカ人(笑)

英語しか話せなかったらどうしようかと思ったが、ペラペラだった(о´∀`о)

マネージャーkちゃんが、それはそれは働いてくれた。

私もずーっと料理してた。

キャストのみんなの席に座る予定が、、、(笑)

先週のヒマヒマはなんだったのだ?

と、常連さんと笑った。

皆さんに来てもらえてとても嬉しかったが、特に驚いたのは、ボラ仲間の数年ぶりに会う男性。

なにも言わずに突然来て

あれ!Nさん!

よくぞ名前が出てきたなと思う。

でも、ずっと気にはなっていた人で、苦労もしている中、ボランティアも継続していて、Facebookでは「いいね!」をしていた。

「明日休みだから」

と、来てくれて、たまたま同じくボランティア仲間が来てくれたから一緒に座ってもらい

話に花が咲いてくれたよう。

これもご縁

そう、お互い言っていたが、ほんとに良かった。

なぜか色んな人が集まった今夜は、塩っぱい話、甘い話、いろいろあって

これが人間らしいコミュニケーションだなと思った。

 

こちらの記事もぜひ

Go to

蚊に刺された程度

ブランク

コメントを書く