アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

経営者です

うっかりBARの経営者(笑)

儲けられないダメダメな経営者!

コロナの影響も特に受けないや。と思っていたら、、、

ほかの曜日のマスターから

「次の月曜日どうするんです?」と尋ねられた。

え、やろうと思ってましたが、、、

しかし、その方いわく、この時期お客さんが来てくれない可能性は高い。この店もから感染者が出るのも怖い。

とのこと。

た、たしかに(^_^;)

かといって、休んだら賃料無駄になるし〜。

開けてもお客さん来なかったら意味ないし、赤字だし!

こりゃまずい。

と、大ママに相談した。

大ママというのは、もともとこのBARを経営していた方で、私たちは賃料をママに支払っている。

「やってほしいけれど、この問題が落ち着くまで休業しても賃料はいらないです」

とのこと。

ありがたい話である。

それでも営業しようかどうしようかと迷いに迷い、、、

今日は不安だったので臨時休業することに決めた。

と、そのすぐ後に思いついたのだ。良いアイデアを!

なんでもっと早く思いつかなかったんだろう。不安という気持ちは視野を狭くする。

「休業」を決めて発信して、一段落ついた瞬間気付くんだもの。面白いわ。

さっそく大ママに提案すると、快く了承してくださった。なので来週からは店も再開!

そうなのよ。こんなご時世だからこそ、あそこに行けば呑気なムードが溢れてる。そんな店でいたかったから。

私ったらダメね。ほんとダメな経営者です。

さて、週末の金沢旅の最中に発見したのだが、なんとiPhoneの顔認証が「マスク姿」でもOKになった。

決してOSのバージョンが変わったわけではなく、単にiPhoneが学習したのだ。

最初は偶然か?と思った。

でも、やはり偶然ではなく、翌日も認証。これはもう間違いない。

このコロナ問題でマスクをずっとしていて、いちいちiPhone使うときにマスクを外したり、数字を入力したり「不便だなぁ」と思っていた。

それだけに驚きとともに感動が。

なぜ認証できるようになったのか?はよくわからないが

とにかく一定数を超えるほど、私はマスク姿で「認証できません」を繰り返し

マスク姿のままパスワードを入力した。

ちなみにマスク姿で認証したときの顔はこれ。

しっかり鼻も隠れているので、目のみで認証したわけである。

今日、試しにメガネとマスクで試したら、それはダメだった。

ふだん、メガネのみならば認証するので、そこにマスクがあるのは流石に戸惑うのかもしれない。

私のiPhoneは10S。

調べていたら11の人でマスク認証できた事例が見つかった。

コロナとは関係なくマスク常用者のiPhone愛用者にはぜひ試してもらいたい。

うっかりBARを休業して、遊び歩いてるのでは?と飲み友から疑いのLINEが来たが(笑)

想像が甘い。

明日以降の経済活動に向けて、今日は常備菜作りに勤しんでいた!

ガンバレ飲食店!!!

スーパーに行ったら、テレビで見た通りの光景でした。

キッチンペーパーまで無くなるんや。冷静になろね。

こちらの記事もぜひ

入れ食い!

誤差なし

Go to

コメントを書く