アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

はじめまして

いつかやるだろうと思っていたが、やってしまった。

駅前で自転車を止めて降りようとしたら

カーディガンがひっかかって、そのままスローモーションのように左に倒れ、、、

しこたまオケツを打ってしまった。

そもそも、もらった自転車はサドルの位置が高くて(190センチの人からもらったから)足が爪先ちょこっと着く程度。

なので、乗りはじめ、降りるとき、すごく怖いのだ。

さらに、カーディガンが引っかかるなんて!

あーびっくりした(T . T)

明日はオケツに青タンやわ。。。(笑)

さて

2013年に出演した「わたしのお菓子」は

私にとってとても大切で、想い出深い作品だ。

人生何が起こるかわからない。

何故私がカンヌ映画祭にいるのか?不思議だったし、今でもなんだか夢のような気がする。

そこで知り合った人たちもたくさんいて、共演した俳優さんは今も年に何度かうっかりBARにきてくれるし、私の舞台も観に来てくれるなど繋がっている。

ただ、これまで一度もプライベートで飲みに行ったことは無かった。

それが、今夜初めて飲むことに!

お互い、やっている仕事はなんとなく知っていたが、初めて詳しく聞くことになった。

さらに、夜が更けるにつれ、お酒が入るにつれ、込み入った話も。

へぇ、、、そうなのね。

同級生であったことも今夜判明(笑)

実はあの映画で初めて演技なるものをしたらしいことも初耳!

どおりであまり上手じゃないなぁと(笑)

「なんか急に指名されて、演技やってくれ、ってゆーて台詞言わされてん!」

そりゃ仕方ない。でも、私も女優じゃなかったのよ。

「てっきりすごい女優さんやと思ってたわ(笑)」

私たち2人とも、あの作品に感謝していて、その気持ちをどうしても伝えたくなり

監督に電話(笑)プロデューサーにも電話(笑)

ぜんぜん違う仕事だけれど、これからも良きカンヌ仲間としてよろしくお願いします。

ところで、今日も連休前とはいえ、びっくりするほど人が多かった。

どこの店も満員!

コロナの影響どこにあるわけ?

なんか平和だわ(⌒-⌒; )

また寿司食べちゃった(笑)おいしゅうございました。

 

こちらの記事もぜひ

幕引き

涙ひとつぶ

1人の命

コメントを書く