アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

桜の通りすがり

本来ならば今頃の時期だろう。

造幣局の桜の通り抜け。

あまりにも運動不足なので、今日は大川沿いをウォーキングした。

家族連れやカップル、お一人さまなど、みんな考えることは同じのようで(笑)

レジャーシート敷いてのんびりしていたり、読書していたり。

同じ読書でも、家の中だとかえって落ち着かなくなってるかも。

ネットもテレビも見たくない。

ただ、心地良い川風に吹かれて静かに本を読む。

贅沢な時間だし、精神衛生的にも良い。

私たちはそんな様子を眺めながら西へ東へ。

そして、今日のメインイベント!

造幣局の桜の通り抜け、、、ならぬ

造幣局の桜を通りすぎる。

八重桜達はちょうど満開!いつもならすごい行列なのにね。

固く閉じられた門の隙間から覗く桜。

今年も綺麗に咲きそろっている。

並木を見ながら川沿いを歩く。

時々ブルーテントのおうちがあるのだが、例年ならここは屋台が出るので絶対撤去される。

今年はなんとも風流なかんじ(笑)

造幣局ではいつも桜にまつわる俳句を募集していて、毎年凡句を投句箱に入れてかえるのだが、それも無し。

牢屋から覗く桜を独り占め 京町

気休め程度とはいえ1時間ウォーキングしたので、今夜も美味しいもんを食べましょう!

しばらく寿司を食べられず、もう我慢の限界!

ならば自分で作ろう。

酢飯の加減が最高でした(笑)

でも、やっぱ握り寿司がいいな〜。

こちらの記事もぜひ

トヨコスペシャル

イラリンピック

スタートライン

コメントを書く