アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

身内感覚

仲良しのスタジオ社長とLINEしていた。

そしたら、いきなりビデオ通話でかかってきたのだ。

こんなこと初めて(笑)

ってゆーか、そもそも、仕事のこと以外で電話もしない間柄。

で、自宅にいたので、秘密の小部屋、、、いや秘密でもなんでもないが、最近のわたしのオンライン用小部屋にて

スマホ置いてビデオ通話。

急だったので、当然、どすっぴんで、部屋着(^_^;)

ま、いいか。

なんだかんだ1時間ほど喋って、後日オンライン飲み会しようと約束した。

かれこれ長い付き合いの社長だが、すっかり家族レベルの気楽な関係になったものだ(笑)

さて、コロナのせいで、いつも行くネイルサロンが休業してしまった。

仕方ないのでネットで調べて、新地そばのサロンに初訪問。

まず、オーナーの女性にトイレに連れて行かれて一緒に手を洗うところからスタート。

施術のときはアクリル板越しに。

なかなか徹底している、、、。

デザインサンプルが無いのが残念だが、手入れはかなり丁寧だった。

ただ、甘皮処理の際など端々に

「すごくスッキリ綺麗になりましたよ」

「長さ、こっちと違いますねぇ」

これらの言葉は、私にかけられたものではなく、いつものサロンのやり方に対しての批判めいたものだった。

確かに、いつものサロンより丁寧なのかもしれないが、長く通っていて、ネイリストの子とも懇意な立場としては

悪く言わないでほしい。

と思った。

初めて来た客に4000円もするハンドクリームを勧めてくる店は、どうかと思うし。

「うちは顧客がもともと多いので、それでもキャンセル出たところに、新規のお客様がたまたま空いてて入られるっていう感じです」

なんなんだろう?この「うちは人気店」発言は。

やっぱり雰囲気的には、わたしはこじんまりしたサロンのほうが合ってるなぁ(笑)

ただ、良い面もたくさんあったので、いつものサロンももう少し勉強してほしいな、とも思う。

今夜は応援のために購入した坂越の牡蠣とシャンパンでセレブなディナー。

変態魚串しもあってなんとも豪華なメニューに。

 

しかし、実はこの牡蠣、50個くらいで送料込み4000円。激安(⌒-⌒; )

こんな大きくて美味しい牡蠣がこの値段で買えるなんて。

応援と言いながらかなりお得であった。

今日も、ヒオウギ貝の業者さんが困っていたので、、ぽちりと買ってしまったし。

東京のボラ仲間の店も大変とのこと、クラウドファンディングに協力してくれと連絡が来たのでまたぽちり。

あんた自身も仕事減ってるんだから大概にしとけよ、みたいな(笑)

ま、いっか!

人類みな兄弟とはよく言ったものだ!

我が家にダンボールの空き箱がどんどん増えてます(笑)

 

こちらの記事もぜひ

優しくしてあげる♡

抜け殻?

1000人超えました♡

コメントを書く