アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

右脳の鍛え方

うっかりBAR で、右脳と左脳の話題になった。

なんでその話が出たのかは忘れたが(笑)

手を組んだり腕を組んだりするだけで、その人のインプット、アウトプットが右脳派か左脳派かを診断できるやり方を知っていたので、みんなでやってみた。

ほとんどの人がインプット右脳、アウトプット左脳。

飲み友の建築家のみが右脳&右脳。なるほど!

そして、もう1人サラリーマンの飲み友は左脳&左脳だった。

これまた納得した。

ただ、申し訳ないが左脳&左脳のタイプって、、、ちょっとつまらないかも(~_~;)

と、私が発言し、本人も

「なんか面白くない人やん!」

と、気にし始めた。

そういえば、以前「うっかり反省会」なる忘年会をやったとき、彼は「うっかりしないからネタが無い」と言った。

そう。

何事にも慎重で、ちゃんとしているから、失敗もないし、左脳でいつも物事を考えているのかな、と。

 

「実は俺、、、」

彼は言った。

「ひらめきの鍛え方」的?な実践法を学んでみようとした過去があったらしい。

で、思う。

それを学んで実践してみる時点で思い切り左脳やん(笑)

右脳を鍛える方法なんてあるのかな。

直感やひらめきに素直に行動する。これしかないのかと。

もう1人、唯一左脳からの右脳の女子がいた。

当たってるーーーー!

よくよく考えて行動しているけど、最後は「めんどくさーい、えいっ!」てな感じでなってる。

まんざら酒席のネタでも無さそうだ。

私は左脳アウトプットだが、うっかりするときの行動は右脳任せだからダメなんだよなぁ。

かといって、もちろん場面に応じて左脳を使ったり右脳を使ったりはあるけど。

なかなか面白い診断だった。

右脳&右脳の友達が、わたしの釣り用パラソルを進化させてくれた。

すげー。

特別仕様だわ。

早く釣りいきたい(笑)

こちらの記事もぜひ

最後の一滴まで

美味しいビール

コメントを書く