アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

やりたい仕事

ナレーターとしてやらせてもらえて嬉しい。

そんなお仕事がある。

その種類はナレーター個々に違うだろうとは思うのだが、私の場合はドキュメンタリー的な内容だったり、歴史、自然、文化などを丁寧に描いたものだ。

そう。丁寧に作られた作品、時間をかけて撮影された作品の最後の最後に添えるナレーションを任されることが、とても責任重く、やり甲斐にも繋がる。

さて、お世話になっている番組「キャスト」は報道&情報番組で生放送のため、ナレーションを収録するときに映像が仕上がっていないことがほとんど。

それはそれで、どんな映像なのか?を想像しながらナレーションするので腕の見せどころでもある。

ただ、時折、すでに仕上がっている映像につけるナレーションを依頼されることもあり、それは「特集」というコーナーになる。

特集というだけあって、最低でも数日かけて撮影し、取材しているものだ。

今日の特集は、最近シリーズとして不定期に放送されている京都の文化や芸術をクローズアップされたものだった。

前回、観た時「へー。いい感じ」と思った。

いつもオンエアチェックしてくれているNATSのSが、すかさずLINEしてきて

「こーゆーのをモンちゃんがナレーションしたらええのになぁ」

と言った。

モンちゃんとはNATSの中でのみ言われてる私の愛称である(笑)

私も同感です!と答えた。

しかし、このナレーション誰だろう?

わりと良くて、アナウンサーさん?いや、ナレーターっぽいなぁ。

と、思っていた。

話が長くなったが、今日、その特集の2回目が放送された。

前回と同じナレーターだった。

私ならここをこう読むなぁ、、、と思いつつ見て、でも、やっぱり悪くなくて←上から(笑)

で、誰が読んでいるのか気になって仕方なくなった。

どこぞのナレーターが頼まれているとしたら、悔しいからだ(笑)

私ら、せっかく影ナレーターとして来てるのに、なぜ頼まれないのだ?!と。

アナウンサーの津田さんに「この声どなたです?」と聞いた。

すると、、、

「あ、わかこさんですね」

アナウンサーさんだった。

へぇ。そうなんだ。納得。

私たちナレーターと同じく、アナウンサーさんも「やりたいナレーション」があるだろう。

きっと、この、わかこアナも「こういうのやってみたかったんです」と思いながらやってるんだろうなぁ。

あくまでも想像だが、そんな気がする。

アナウンサーもナレーターも「言葉に想いを乗せて話す」という仕事が大好きなはず。

アナウンサーさんからしたら

「なんでわざわざお金払ってナレーターに頼むんだろ?アナウンサーに頼めばいいのに」

そう思っているかも(笑)

やりたい仕事。

私も抜擢されるよう精進しよう。

今夜はようやく美味しい焼き鳥にありつけました!

こちらの記事もぜひ

甘え上手

献杯

モノマネ

コメントを書く