アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

手を放す

またまた新しくオンラインレッスン生ができた。

東京の20代半ばの男の子である。

役者でありナレーションもやる、という器用な人で、コロナで暇な今、ナレーションの勉強に力を入れたいとのことだった。

当然、私は指導する側だが、指導することによって私自身が学べることも多い。

人それぞれの特徴があるし、その人の良さを伸ばしつつ、新しいアプローチで指導する。

そのアプローチが当たると「よっしゃ!」となるわけだ。

長年、ナレーターとしてやらせてもらっているが、うまく仕事が回るときもあれば、空回りするときもある。

プライベートで悩みがあると、なぜか仕事が順調に運ぶ、なんてこともある。

ここ一年、色々と断捨離があった。コロナの中で、またそれは加速した。

一方で、不思議と新しい出会いやご縁、刺激がやってくる。

あぁ、よく言うよね。

掴んでいるものを手放せば、違うものを掴めるのだ。

今日は物質的な断捨離をした。

キッチンの棚に寝ていた食器たちをメルカリに。

そのぶん棚に新たな空間ができた。

置き場に困っていたものをそこに入れられてすっきり!

「新たな」ってことば。良いな。

こちらの記事もぜひ

最後の一滴まで

美味しいビール

コメントを書く