アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

献杯

父親の命日が近いので、お寺さんにお参りしてもらった。

もう13年。

夏の太陽がギラギラ照りつける日に、父の葬儀があった。

お寺の前で、兄や姉と並び、兄がお礼の挨拶をした。

悲しみより、暑かったことばかりが思い出される(笑)

さて、せっかくなので、今日は車では行かず、法事のあと、父が生前好んだ中華屋で食べることにした。

70年くらい歴史のある中華屋で、今のオヤジになって40数年らしい。

まだ木屋町に住んでいた頃、よく連れてこられたし、テイクアウトで食べた記憶がある。

しかし、なんとなくぼんやりとした記憶で、なにが一番美味しかったのかも思い出せない。

ま、いいか。

瓶ビールを頼んでまずは父に献杯。

父のビールの飲み方にはこだわりがあった。

グラスに注ぐ量は、一気に飲み干せる程度。

注ぎ足しはしない。

そのスタイルを真似てみようかと思ったこともあるが、、、

ま、いいか。

たぶん父が好きだったであろう、、、知らんけど、、、メニューをオーダーした。

からしそば、餃子、春巻き、エビ天も。

ほんとは焼売が好きだったはずと思ったが、あいにくメニューから消えていた。

なんでだ?!

食べ終わると、新京極や寺町、錦市場を歩いてみた。

コロナに負けず、なかなかの人出だった。

錦では母のことも思い出して、昔、よく買ってもらった鰻の肝焼きを購入した。

祇園祭も中止になり、なんだかピリッとしない夏の京都。

お寺さんにいただいた八幡山の粽で、少しは京都の歴史を感じられそう。

こちらの記事もぜひ

ストレス発散の方法

方向を示す人

悲しい連鎖

コメントを書く