アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

昇華までのカウントダウン

教え子が初めての仕事をゲットした。

頑張ってね、と送り出していたが、今日その本番で、うまく行ったという。

報告のLINEには喜びが溢れていた。

仕事というのは厳しいもので、最初つまづくと、2回目が無い(>_<)

プレッシャーは与えすぎない程度に激励したが

「また呼んでもらえそうです!」

良かった〜!

「先生のお陰で」と感謝の言葉を綴ってくれて光栄の極み(笑)

とりあえずがんがん売れて、いつか飲みに連れて行ってくれ!

と、たかって、、、いえ、お願いしておきました(*゚∀゚*)

まぁ、教え子に奢られるようなショボいベテランにならないよう頑張ろ(笑)

さて、仕事に向かう道すがら

「下間さん!」

声をかけられた。

マスクをしていたので一瞬わからなかったが

ちょっと久しぶりのディレクターである。

あらー!よくわかったね?

「どこのマダムかと思いましたよ(笑)でもマスクしてなかったからわかりました」

あは。マスク無し(⌒-⌒; )

そもそも、大阪駅と堂島の間の地下道を歩いていて、私はずっと首をひねっていた。

こんなくらい空いてて、ソーシャルディスタンスもちゃんとあって、地下道とは言え暑いのに、、、

なぜみんなマスクを?!

すれ違う人ほとんどがマスクしていた。

電車の中とか、密な感じならまだしも。。。

私はサージカルマスクだし、特にむれるから。しない!!!

自分の身体のために、必要なときにしかしない!!!

さて、そのディレクターの彼と少し昨今の世の中について立ち話した。

コロナに関しては、私もニュースで情報を伝える側ではあるが、視聴者はじめ、各自がすべてを鵜呑みにして右往左往してはいけないと思う。

私はね、自分の行動は自分のポリシーで決めてるの。

私がキッパリ言うと、彼は

「すげーかっこいい」

と、笑った。

そして、なぜか久しぶりに会った私に、彼はやけにスピリチュアル系な話題を振ってきて

それを聞いていたら、どうやら私は次のステージに昇れそうな雰囲気がしてきた。

久しぶりに彼とここで会ったのも、なにかの啓示か。

今月末には、私の魂は昇華しそう!

宇宙へ帰りまーす。

そんな人が、8月末にたくさん現れるらしいです(°▽°)

こちらの記事もぜひ

スタートライン

全身朗朗読読

心残りの穴埋め

コメントを書く