アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

方向を示す人

各プロダクション、半期に一度の昇級審査の時期らしい。

残念ながら「落ちた」という報告を持って、教え子がうっかりBARに来店した。

それでも、仕事のオファーやオーディションには行っているそうで、頼もしい。

別の教え子も

「明日審査です!頑張ってきます!」

との決意表明LINEが届いた。

こちらもお仕事をすでにもらいながら勉強する立場。

ぜひ頑張ってほしい。

後輩育成に携わって長くなるが、ほんのひと握りの人しかプロにはなれていない。

いくら私が頑張っても、本人が頑張っても

業界は厳しいのだ。

それでもみんな夢を持って勉強する。

その後押しをする仕事は責任が重い。

仲間が「指導者の一言が生徒に呪縛を与えることがある」とツイートしていて、思わず頷いた。

呪縛するつもりは無くても、生徒さんは先生の言葉に傷ついていることがあり「あの時先生に言われたから」と、縛られてしまう。

一方で、先生はそんな意図で言っていないのに曲解している場合もある。

で、どんどん違う方向に進んでしまう。

マンツーマンレッスンの良いところは、前回指導したことを曲解して練習してしまうことがあっても

おいおいおい、どこ向かって進んでるねん?!

「先生がこう言ったので」

そういう意味じゃ無いのよ〜。

と、もう一度理解させてあげられる所。

もちろん複数人のレッスンでも、継続的に指導できるならば正すことができるが、人数が多過ぎて、1人1人の方向を示してあげられない場合もある。

なので、先に書いた呪縛も解けないまま。

いずれにせよ、指導するって大変だと改めて思う。

ところで、今夜、遅がけにお久しぶりのお客さま。

話し出したら止まらなくて、閉店後も談義。

さらに

気づけばこんなことに!

あー楽しかった(笑)

私の点数ではありません(⌒-⌒; )

こちらの記事もぜひ

感動の出会い

心の繋がり

トヨコスペシャル

コメントを書く