アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

オトナな2人

先日初めて行ったお店。

とても美味しくて、居心地も良くて、ぜひ再訪したいと思っていた。

同じ気持ちだった方たちともう一度行くことになり予約。

前回はテーブル席だったので、カウンターを予約することにした。

「え!テーブルじゃないの?」

「良いですね。カウンター」

両極端の反応が(笑)

カウンター派の2人は、お店の人と話したい。

料理を作っている様子を見たいし、話をして、シェフのお勧めのものを食べたい。ワインの実力も知りたい。

という考えなのだが

「へぇー。さすがオトナ。そんなこと全然思わなかった(・_・;。3人で色々お喋りしたらいいと思ってた」

というテーブル派の声。

結局、カウンター席で話はまとまったが、そうか。そういう人も世の中多いよね。

時と場合によるんだけど。

かくいう私も、、、今夜は2人。テーブル席。

向かい合って飲みながらじっくりお喋り。

仕事の話、私たちの不思議なご縁の話。

もうこの世にはいない、2人にとって大切だった人の話。

かれこれ6年かぁ。

こうして時々飲めるのも、彼女のお陰だよね。

こういう夜はカウンターではない。

もし入院したら、差し入れは、、、

「寿司」

うんうん。串カツもでしょ?

「僕は鳥カラのが良い」

オッケー。あとはほら、グラタン!

「そう。グラタン。ゆるめの」

そう。ゆるめのね。

2人で飲んでるようで、2人ではない。3人のような気がする。

「僕が死んだら散骨頼みます」

やめて。そもそも散骨は許可が面倒臭い。

「バレませんよ」

バレないかな。じゃあ鴨川で。

「それが良いです。鴨川」

あの世とこの世の話をワインとピザと共に。

酔っ払いました。

こちらの記事もぜひ

音楽の力

トヨコさん

3時間勝負

コメントを書く