アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

帝王に捧げる一句

月一回の朗読オンラインレッスン。

自宅ではなく、知り合いの会社の応接室にて。

知り合い、、、というのは俳句の先生であり、飲み仲間の方である。

というのも、自宅でオンラインレッスンする予定だったのだが、句会が今日になってしまい

じゃあ、ここでやっていい?

「いいよ!」

という流れでやることになったのである。

しかし、スマホでのオンラインレッスン。Wi-Fiが使えないと不便なので

Wi-Fi貸してください。

と言うと

「ポケットWi-Fi持ってきてあげるよ」とのことだった。

さて、この先生。

私に負けず劣らずの「うっかり帝王」

いや、私より上だな。

酒の上での失敗も多いし、忘れ物、失くし物も多い。

Wi-Fiを持ってくるの忘れそうだなぁ、、、と思い、ちゃんと前夜にLINE。再度お願いした。

会社に行くと、ちゃーんとWi-Fiを充電して待ち構えてくれていた。

ありがとうございます!繋ぐのでパスワード教えてください。

私が言うと

「え?パスワードなんて要らないよ。」

いやいや、要りますよ(笑)ほら。

スマホのWi-Fi接続画面を見せると

「えー?おかしいな。いつもパスワードなんて入力しないで使えるのに」

すごく賢い人なのに、なんとも疎いこと言うので驚いた(笑)

そりゃ、一度パスワード入力した人は自動で繋がりますから。初めて接続する人にはパスワード要るのが基本です。もしや、、、

「そうか、、、パスワード、、、わからない(⌒-⌒; )」

でしょうね。もういいです(笑)

さすが帝王。なんか落とし穴がある。

実は、今日の句会に出した一句の中に、その人のことを詠んだものがあった。

もっとリアルに詠みたかったが、考えているうちにやや方向が変わってしまったのだが。

虎落笛正気にかへり退社せり

鑑賞では「夢中で必死に仕事して、退社の時間になって我に返った」と受け取られてしまい、失敗した。

「仕事終わって今からの時間こそ人間として生き生きするのだ」と言いたかった。

酔っ払ったときの帝王がよくやってる

「気付いて慌てて電車降りたらぜんぜん手前の駅だったんだよー」

そのとき駅で聞こえる虎落笛、、、の一句を作りたかった。

それを考えているときにふと気付いた。

「正気」とはいつか?どういうときなのか?

実は酔っ払っているときこそ、その人にとっての「正気」かもしれないなぁ。と思った。

なので、仕事中は本当の自分ではなく、仕事が終わったあとこそ「正気」なのではないか?と。

思う通りのことを17文字にするのは難しいなぁ。

しかし、今日の句会ではその先生に特選をもらえた。

チャルメラのラが裏返る一茶の忌

「が」ではなく「の」にするよう添削されたが、とても良い句だと褒められた。

漱石忌で俳句を作っていたときに、一茶のほうで作りたくなって(笑)

我ながら思いついたときは、お!これ一茶にぴったりやん。と。

なんで「の」にしなかったんだろう。締め切り間際で慌ててたからなぁ。

しかし、今年は久しぶりに句作に励んだ一年だった。

数をこなせば、時々ヒットが出るのも実感。

今日はトップになったし(´∀`)

熊汁の冷めて獣の命の香

これも評価が高かった。

そして、結局無点に終わった漱石忌の句は

行間に猫のため息漱石忌

漱石ときたら「猫」やら「坊ちゃん」やら「道草」やらと来るとつまらないのだそう。

もう一句も先生の評価が高かった

寒風に裸体晒さる樹の忸怩

うふ。今年最後の句会。楽しかった。

来年もよろしくお願いします!

こちらの記事もぜひ

トヨコスペシャル

イラリンピック

スタートライン

コメントを書く