アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

噛んだことは忘れよう!

キャストのナレーターメンバーと忘年会。

今年は週2回の担当になり、しかも以前は私だけが金曜日に1人でやっていたのが、4月からは相方ナレーターができて待ち時間も楽しい。

ひやっとする瞬間や噛みまくりのときもあったが、、、

なにしろ今年の1番の思い出は

コロナづくしのニュース(T . T)

明るい話題がなにひとつ読めなくて、なんだか気分がどよーーーんとなったこともあった。

そして、もう一つ、未だに課題なのが「なにわ男子」のナレーション。

今日、今年の最終回の収録があったが、頭のてっぺんから出す高音は、すごーく響くのにマイクには乗らないらしい、というのがわかった。

声量も普段より低くなるので余計なのだ。

今日は少し長めにテストボイスを聞いてもらい、ボリューム調整してもらった。

低音の要素もあってこその音圧なので、その辺りを工夫しながら可愛い声を出すようにしなきゃ。

来年もやらせてもらえるかわからないけど(笑)日々精進!

さて、忘年会はおバカな話から真面目な話まで大いに盛り上がった。

仲間とのこの貴重な時間。

コロナで自粛自粛と言われても変え難いものもある。

私とはまたちがううっかりで笑わせてくれたSたん!

「お皿と間違えて乗せちゃった!」

すごい天然ボケ(笑)

今年もありがとう!来年もよろしくね!

 

こちらの記事もぜひ

最後の一滴まで

美味しいビール

コメントを書く