アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

うずら卵

ニュースの原稿に「うずらの卵」という言葉が出てきた。

「うずら卵」で良くない?

「ん?うずら卵なんて初めて聞いたけど。」

と、ここで議論が始まった!

いやいやいや、うずら卵って名刺あるよ。

「うずらの卵はうずらの卵」

周りの人に聞くも「うずら卵」は劣勢である。

ネットで調べると「うずら卵」はあるのに、なぜこんなに言葉としての知名度が低いのだ?

そういえば、最近はスーパーの卵コーナーにうずら卵を見かけなくなった。

昔、よく買いに行ったところでは

「うずら卵」という表示とともに置いてあったと思うのだが。

人の記憶はアテにならないし、かつ、地域によって使い方も変わるのもの。

うーん。謎だ。

今日の相方さんが、暇な時間帯に妙なことを聞く。

「誰か素敵な人いないかな?とよちゃん、いたら紹介してー」

素敵な人などそんじょそこらには居ないし、さらに言うと、素敵な人がいてもなんで貴女に紹介せなあかんねん!(笑)

素敵って、定義もわからんわ。

私が言うと

「私は話が面白い人がいいなぁー」

相方さんが言った。

ふむ。確かに、話はつまらないより楽しい方が良い。

そして、話が合う人がいい。

なんなら「うずら卵」という単語を昔から使っていた人とか。

意外と単純なもので、その共通意識で盛り上がることもある。

さて

緊急事態宣言が出たが、最寄り駅の駐輪場はこんな状態。

前回は自転車でさえほとんど無くて、駐輪場にも余裕で停められたのに。

色んな制約を受けてストレスのある毎日に、少しでも癒しを。

と、昨日Facebookにサンマの写真をアップしたら、思いの外好評で(笑)

また違う写真投入を期待された。

サンマのあのブスい顔でも喜ばれるなんて!

サワラの写真はどうかしら。

こちらは別嬪なのでね。親近感湧かないかなぁ?

別嬪!と思っているのは贔屓目だったりするが(笑)

今日の良かった探し。

サンマの写真を喜んでもらった。

生読みで一度も噛まなかった。

手作りオニギリを美味しそう!可愛い!と褒められた。

おやつを相方さんにあげたら大層喜んだ。

帰りの電車がスムーズだった。

ふるさと納税の返礼品の鰻の白焼きが美味しかった。

クシャミした途端、スマホを落としたけど割れなかった。

あれ?良かった探しって、本来3つで良かったよなぁ?

ま、いいか。今日もたくさん良かったが見つかったのが良かった!!!

平凡な日常だけれど、感謝です。

こちらの記事もぜひ

いちだんらく

身体全体で読む

責任感

コメントを書く