アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

全身朗朗読読

今日からうっかりBARの新年営業スタート!

のはずが、、、

諦めました。

仕事終わって営業しても、19時で酒の提供終わりだもんねぇ。

いったいいつ、再開できるやら?

こんな穏やかな冬晴れなのに。

さて、先日ライフで買い物していたら、耳に入ってきた「節分」についての映像ナレーション。

教え子の声だ。

思わず立ち止まってチェック(笑)

うーん。これ、いつ録音したのだろう?

確か去年もこういうのやってた気がするなぁ。

リニューアルしてるとなると、、、

不満(笑)

で、本人に確認すると

「去年のです!今はもっと上達してます!」

だよねーーー。

あー良かった!

1年なにを教えていたのだ?と自分自身を叱るところであった(笑)

そんな彼女にはいよいよ朗読に取り組んでもらっている。

表現力アップのためである。

今日、今年初のマンツーマンレッスン。

さっそく朗読を聞かせてもらって(見せてもらってとも言う)ふと思い起こす、、、

かつての自分。

なるほどねー。こういうことだな。

というのも「上半身だけで」朗読してる感じなのである。

必死にやろうとしてるのは分かるんだけど。

これが、全身で表現すると、、、

10分程度のお話でもクタクタになる。

「全身で」

って、別に体を動かすわけではないのだが、腹の底から声を出して言葉の向こう側にあるものまで感じて全身で伝える。

みたいなことかなぁ?

今でもできないけど、クタクタになる感覚はわかる。

「上っ面の表現」

よく師匠に指摘されたなぁー(~_~;)

「語りの体力」が無いと、長いものは読めないとも。

教え子たちはみんな一生懸命ついてきてくれる。

どんどん羽ばたいて、とにかくチャレンジして経験を積んで欲しいな。

そのためにも、私自身が成長し続けなきゃ。

あ〜舞台でやりたいな(笑)

教え子たちにもやってもらいたいなぁ。

帰り道、前から気になっていた寿司屋で鯖寿司をテイクアウト。

めちゃくちゃボリューミーで美味しかった!

鯵とか穴子、散らしもあるらしい。

気に入っちゃった。

こちらの記事もぜひ

今どきの出会い方

浮気心

身体は正直

コメントを書く