アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

運動神経とリズム感と喋り

近頃、夜、めっきり涼しくなってきた。
明け方などは窓を開けていると寒くて、
掛布団がないと風邪引きそう!

とはいえ、昼間の気温は相変わらず。
故に?私の爪の伸びるスピードも半端ない。

8/1に行ったばかりなのに、もうめっちゃ伸びてきたので
今月2回目。

うーん贅沢(笑)

ネイルをしてもらいながら運動神経の話になった。

私の周りでダントツ美人のネイリストKUMIさんなのだが
残念なことにかなりの運動音痴らしい。

そういえば・・・
高校時代の友達で、めちゃくちゃ美人がいて、その後モデルの仕事もした子がいるのだが
その子も相当な運動音痴で、ついでにホントの音痴だった。←ブログを見ていないことを祈る。

音痴というか、リズム感が無いというのが正しいか。

で、KUMIさんに聞いてみると、
案の定、自称、リズム感はあまり良くないそうな。

さて、しゃべる仕事もリズム感がとても大事である。
そして、耳が良くないといけないことは以前にも書いた通り。
私はたいしてレパートリー無いのだが
ナレーターや声優で、モノマネが得意な人は多い。

そして、みんな歌が上手い。
運動神経についてはわからないけどね~。

先日、うちの師匠が、教材のひとつとして録音してきてくれたCDがある。
数種類の教材が入っているのだが
それを各2タイプ。

ごくストレートに読んだ場合と
本番の仕事として読んだ場合の2タイプを録音してきてくれた。

で、さすが!と思ったのが
BGMに乗せつつも、表現力が流れない喋りだったこと。
早いテンポの音楽になると、
ついつい、表現に費やす時間もなくなるのだが
それが、巻いてもしっかり残ってるところ。

早口なのに映像が浮かぶ。

とっておきの教材。
今月2回目のネイルと共に・・・・(笑)

8月2回目

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く