アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

2◯年ぶりのリニューアル!

京阪電車や阪急電車の声の人。

として何かとネタにしているが、実は乗り物系では電車よりバスが先だった。

いちばん最初はどこだったかなぁ?確か、滋賀県のバスだったような。

その後、近鉄バス、阪急バス、長崎バスやら沖縄バスあちらこちらのバスを担当させていただいた。

しかし世の中は機械の声が増え始め、また他の会社に取られて声も変わってしまったりして私がやっているバスも減ってしまった。

そんな中、ずっと続いているのが「和歌山バス」である。

時折一部改訂があり、20年以上前の私の声に必死に寄せてナレーションする(笑)

当時の私は、付き合っていたオトコとラブラブだった頃で、声がめちゃくちゃ弾んでいる。

仕事にプライベートを持ち込んではいけません!(笑)

そんなわけで、毎回苦労しながら声を合わせていた。

その和歌山バスが!!!

機械刷新につき車内アナウンスも全面的にリニューアルすることに。

今日、一気に素材を収録してきた(^^)

「今のベテラン下間さんの声で大丈夫です」

と、言ってもらえたので

私の読みやすい声でやらせてもらった。

しかし考えたら随分若いときに担当させてもらったのだなぁ、と思う。

お陰でリニューアルしても私のまま。

普通なら「若い子に変えよう」となっても不思議ではない。

ちなみに、和歌山バスはとても難しい。

停留所の名前のアクセントが「地元密着」なのだ。

例えば

「土山つちやま」

普通なら平板で読むが頭高で読まなければならない。

ゆえに「つ」を有声音にする。

ほかにも「三木町みきまち」も頭高。

ほかにもいっぱい。

若い頃は、そんな変なアクセントで読むの嫌だなぁ、、、と思っていたが

今日はぜんぜん(笑)

私も大人になりましたー。

夕方、早めスタートで一杯、二杯、三杯(笑)

緊急事態宣言前のラスト飲みかも(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

こちらの記事もぜひ

ご縁はひらめきで。

寝過ぎはだめよ

性格の良い人

コメントを書く