アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

呼吸のタイミング

ここ2年か3年か

お世話になっていたリンパマッサージのスタッフが店をやめることになった。

パワフルで、丁寧で、少しでも心地よく過ごしてほしい。そんな気持ちに溢れている人だった。

残念。

そして、私は路頭に迷うのだ。

同じ店で他のスタッフにお願いして、相性がイマイチの場合もある。

事実、以前どうしてもそのスタッフの都合が悪くて他の「お勧め」の人にお願いしたことがあった。

しかし、やっぱり違うのだ。

指の雰囲気と、呼吸のタイミングとかが。

この「呼吸のタイミング」

これがかなり重要である。

じわっと指圧し、じわっと緩める。

スーハー、スーハー

これが受け手の呼吸と一体化するとすごく心地良い。

これはナレーションでも同じだと思う。

聞いていてリラックスできるリズム、間合い、呼吸のタイミングに合うかんじ。

さて、このスタッフが辞めるのと同時に、いっそ私もこの店から離れようか?

と思った。

しかし、、、、辞めるスタッフと相談し

次回、勧められた別のスタッフに一度お願いして、それから考えることになった。

なんだか審査するみたいで申し訳ないね。その人もプレッシャー感じちゃうかも?

私が言うと

「いえ、大丈夫です。彼女です」

私たちのやり取りをそばで聞いていた人こそ、次回お願いすることになったスタッフだった。

なかなか感じの良い人だった。

わぁ、話聞いてたのね。ごめんね。でも、相性はやってもらわないとわからないから。

「はい、そうですね。よろしくお願いします」

正直に希望をお伝えした。

お陰で心配が少し解消されたきぶん。

ミナミはそこそこの人通り。

わたしも出歩いてるから人のこと言えない(-。-;

明日はまたまたクラハ三昧の予定。

朝は2部屋。

夜も2部屋になりそう(笑)

合間にしっかり仕事しまーす。

こちらの記事もぜひ

さらけだします

幸せは具現化する

コメントを書く