アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

目覚めすぎ

9時30分から収録だった。

6時に起きて7時から北原照久さんの耳ビジスタート。

9時にプラスワン終わって即ホテルを出た。

なので、声は本番仕様になってる。。。はずが。

1本目。

「ちょっとまだ朝イチ感あるからもう一度お願いします」

えー(^^;;

たしかに、今朝はやや声が低めである。

これはもしやの、、、

喋りすぎ?!

2時間ほぼ喋って朝活してるのに、かえって疲れてたりして(笑)

まぁそんなことはないが。

ところで、某広告代理店のコピーライターの女性が

わたしを見てこう言ったそうな。

「あ、救世主」

前の収録のとき、これは無理だろう!という巻き巻きの締めナレーションを私がねじ込んだことがあったそうな。

「だから救世主って言ってるんです。今日も頼りにしてます」

げー。やばい(笑)

どんな形であれ、印象に残っていて、かつ頼られるというのは有難いことだ。

有難いといえば、、、

ひとつ読んでブースから一旦出てきた。

メッセンジャーが届いていた。

わぁ、千本さんだ。

千本さんとは、現在のKDDIを稲盛さんと作った人で、ほかにもイーモバイルとか

なにしろ日本のトップの実業家?経営者である。

前からクラハでは見かけていて、なぜかフォローされていたのだが、今朝の耳ビジを聴きに来てくれて、スピーカーにも上がってくださった。

「ありがとう」という言葉ほどすごい力を持った言葉はない。

という話をしてくださった。

80歳近いご高齢の方だが、クラハも使いこなす。さすが!

その千本さんからメッセンジャーで「facebookで繋がってください」と。

あとで気づいたが、北原さんにも「トヨコさんと繋がりたいと伝えてくれ」と連絡があったそうな。

そして、すぐお返事を書いた。

すると

わ!電話かかってきた!

「もしもし千本です」

なぜに電話?!いや、さすが電話会社作った人だ!

「あなたの声は良いね。聞きやすくて、すっと入ってくる」

わぁ光栄です!

「どんな仕事をしているの?家族はいるの?どこに住んでるの?」

すごい人から質問を受けるというレアな体験(笑)

電話のあいだ、出番で呼ばれるのではないかとヒヤヒヤしたが、大丈夫だった。

「私の本も読んでもらいたいなぁ」

へっ?!は、はい読みますよ。

「あなたのお眼鏡にかなったら」

いやいやそんなの大丈夫ですぅ!

てなわけで、千本さんの本も朗読することになりそう(^^)嬉しいなぁ。

さて

今日は7種類くらいCMを読むので長丁場。こう言う日のお楽しみはお弁当!

出演者みんなでじゃんけんして、いろんな種類のお弁当の中から好きなものを選ぶ。

じゃー、最初はぐー!

なんと、私が珍しく1番になったー(o^^o)

やっぱり桝本ですね。

美味しいわぁ、大好き!

夕方には千疋屋のスイーツまで出て。

幸せなお仕事。楽しかった!

また呼んでもらえますように。ありがとうございました!

 

こちらの記事もぜひ

噂のバッグ

甘えられる存在

コメントを書く