アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

たまたまだけどすごいたまたま

今日は耳ビジプラスワンがお休みだった。

最近ちょくちょくお休みすることが増えてきたのは、なにもプラスワンだけではない。

夜の喋る仕事womanの部屋なんて、長らくやってない。

それもこれも、日常が戻ってきたからだ。

クラハにハマったのだって、コロナで暇だったから。

暇なときに巡り合っていなければ、私は「なにそれ?楽しいの?」ってな距離感だっただろう。

日常に戻るのは嬉しい。でも、こんなにも私を幸せにしてくれたクラハや、夜のroomと縁が切れてしまうのは寂しい。

耳ビジは自分次第でどうにでもなるので大丈夫だが、夜はメンバーでやりくりする必要がある。

新しいモデレーターを増やして、週に1回でも出来たら良いのにねと、相談中。

さて、今朝、耳ビジ終わりで、最近すっかりご無沙汰になってしまったroomに顔を出しに行った。

オリエさんとも長いこと話してない(T . T)

著者roomに入った。

さっそく、オリエさんから「耳ビジでお願いしたらどうですか?」と、ある著者さんをご紹介いただいた。

「耳ビジ行ったことあります!すごく素敵なroomですよね!本の朗読だけでなく、著者さんの良さを引き出してくれるトークで、すごいなぁって!」

ありがたいお言葉。

私が心がけてるところをまとめてくださったかんじ。

本はもちろん、著者さんのファンが増えるよう、素の姿とか言葉を引き出したい。そんな思いでやっているから。

そして、その方が続けて言った。

「実はこおちゃんこおちゃんが、うちの著者が読んでもらってるから聴きにきてくれって言ったんですよ」

でたーーーー!こおちゃん(笑)

さすがですね。ここでも功労賞。ハナマル!

そんなわけで私でよければ朗読しますよとお約束した。

そのまま話題はこおちゃんへ、、、

「あしたこおちゃんと会うんですよ」

オリエさんが言った。

え?オリエさん、いま、房総半島のはしっこに住んでたはず。

明日?東京くるの?

「そうそう、高速バスで」

えーーー会いたい!

「え、とよこさん東京?」

うんうんうん、明日昼前の新幹線の予定だったけど、大阪のスケジュール、調整できたらずらすっ!

「えーーー会いたい!」

わー、ぜったいなんとかするっ!

「おやっさんも一緒」

そりゃそうだろなぁ(笑)そこはさておき

「私も午前中から空いてるから早めからでも会えるよ」

有紀子さんも一緒だった♡

なんてタイミングの良さ。ツイテル!

と、そこに、私を見つけてトオルちゃんが入ってきた。

せっかくだからご紹介!

私の東京のお父さん、もとい兄です。

「お噂はかねがね、、、」

「えーなんで僕のこと?!」

オリエさんはじめみんな、私の話をたくさんきいてくれてるし、ゲストに出たときのroomでもトオルちゃんが話してるの聞いてるのだ。

ナレーションの教本を作りたいという話もシェアすると、さっそく良い情報やアイデアが飛び出す。

「なるほど、、、そういうこともできるんですかぁ」

マネージャー業のプロだが、さすがに出版は未経験。

やはりどんどん公開して、特にクラハの世界では開示してなんぼ!その空気を敏感に感じ取っているうちにご縁が結ばれていくのだ。

私が誰かから運んでもらう運もあれば、私が運んだり、結べることもある。

付き合いの時間は短くとも、そのタイミングがうまく噛み合う人、持ちつ持たれつの人が本当の絆で結ばれて行くのかなぁと思う。

そんな気づきがあった今日。

長いお付き合いとなった方々と、新しく楽しい仕事に携われた。

「音声広告のいいところは?」

聞かれて、迷いなく「自由度の高さと遊び」

掛け合いの妙とか、最高にクリエイティブな仕事だと思う。

こんな仕事に呼んでもらえてありがたい!

こんな仕事、あるんだなーーー。

収録前に、まずは、、、おやつ(笑)

「先払いです!」

あはははは。

仕事のあとは、ある会合にお邪魔し

さらに飲みに連れて行ってもらい、、、

めちゃくちゃ楽しい夜でした。

これまたたまたま。

たまたまって最強の言葉だな!

 

こちらの記事もぜひ

噂のバッグ

甘えられる存在

コメントを書く