アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

なんでやねん!

局に着いて、さぁお昼ご飯でも食べよう。

と、思ったら、バラエティーコーナー担当デスクが神妙な顔をしてやってきた。

「下間さん、、連絡あったと思いますけど」

え?なに?わたしなんかやった?

「あ、いえ、あれ?連絡ありませんでしたKから。」

無いです、、、どうかしましたか?

「今日の」

今日の、、、?

「”なんでやねん”ナレーションお願いできませんかね?」

な、なんだ!そんなこと?!もぉ、なにかと思うじゃないですか!

「あれ、いやそんなつもりは。ふるぽんアナの声がまだイマイチなんで、下間さんにお願いしたいなぁと」

実は先週から喉の調子が悪くなってしまい、なかなか本調子に戻らないとのこと。単なるナレーションの交代の依頼だった。

お安い御用だし、なんなら普段やっていないコーナー。楽しいではないか。

そんなわけで、今日は真面目なナレーションからバラエティーコーナーまで楽しくあっという間の時間だった。

しかし、私も声を飛ばしたことが過去に一度だけあるけれど、それはそれは辛かった。

ちょうど収録があったので、急遽他の人を手配し、代わってもらう。

長引かなかったものの、気分的にかなり落ち込んだ。

ふるぽんは出勤していたが、やはり「カ行」や文末が音になりにくいそう。

「精神的に参る」

うんうん、わかるよー(>_<)

乾燥する季節、わたしも気をつけねば。

さて、今夜は隔週開催の「ぶっ飛びゴールroom」

K君が生贄となったが、なかなかぶっ飛べず、どうなることかと(笑)

でも、彼の強みはすでにブランド化していたことに気づいた瞬間

あ、そっか!!!

それを「強み」「芸」と捉えるかどうか、だけだった。

実直に続ける力は強みになるんだなぁと改めて思った。

自己肯定感が高まって自慈心が養われたら

もっとぶっ飛ぶゴールが見つかるのだろう。

わたしはわたしで

仕事の前にゲストとしてお呼ばれたroomで驚くほど褒められまくって

お世話になってる石川先生にも滅多に言われない「トヨコさんはこういう人」な評価をいただき(カワテツさんは言ってくれたようなくれないような微妙な表現)

なんとも面映ゆいことでした。

クラハというのは優しく暖かく、自分に自信を与えてくれる。

褒められたぶん、頑張っていかねばね。

こちらの記事もぜひ

噂のバッグ

甘えられる存在

コメントを書く