アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

胸キュン相談室

マンツーマン指導をしていると、本題がずれることがよくある。

無駄口ではない。

指導する以前に、それを受け入れる心の準備ができていない人のため、まずは抱えている問題などを聞いてあげる必要に迫られるのだ。

高い能力があるものの、自分に自信が持てないでいる教え子が多い。

私は心理カウンセラーではないので、突っ込んだことは何もできないが、長年色々なタイプの生徒さんに指導してきた経験上

まずはメンタルからなんとかしてあげたい

大勢を同時に教えるときはなかなかそこまで手厚くできないが、マンツーマンは違う。

今日もやはりそんな展開になった。

ナレーションしているのを聴いていて

あれ?

と、気づくことがあったのだ。

読みが頭でっかちになってる。

体と連動していない。

「スポーツはする?」

この質問から一気に話が横道にそれた。

メンタルの核に繋がったのだ。

ついにはスイッチが入り涙腺崩壊(^^;;

ナレーションのレッスンどころではなくなった。

私は美帆さんや緑さんのように導いてあげられないが

少し落ち着いたところで、一緒になってとにかく全身使って表現することにした。

私もやるから一緒にやろうね!

これくらいしか私には手が無い。

何かにつけてこれ(笑)

さぁ、ご一緒に。

とはいえ、無理なペースは強要しないように。

今夜のうっかりBARは、ようやく営業再開の怒涛の賑わいから通常モードに戻り

カウンターがほどよく埋まって、私もゆっくり料理したりみんなとお喋りしたりできた。

「とよちゃん、クラハで忙しいから、うっかりBARは辞めるんかと思ってた」

常連で飲み仲間の男性が言った。

お休みが長過ぎて、前みたいにちゃんと出来るかわからず不安だったのは事実。

でも再開してみてわかった。

こうしてみんなが集まってくれることの嬉しさ。

悩みごとを聞いたり、近況を聞いたり

のんびり話せるBARでありたい。

リアルイベントの企画も着々と進んでるわよ!

「え!そんな時間どうしたら取れるん?忙しいのに」

あははは。3.11もNATSも進んでるよ。朗読初めもやろうかな。

と、そんな話をしていて、ふと考える。

ぜんぶやっていけるのかしら?

手放すことも時に必要・・・

まだ考える時期ではないけれど、もしかしたら私ならぜんぶやれるかもしれないけれど。

うっかり前の大きな木がクリスマスイルミネーションで飾られた。

この眺めを見るたびうっとりする。

いい場所だ。

あんなこと、こんなことが思い出される。

7年半もやってれば、思い出も増えるね。

先のことはまたいずれ考えよう。

こちらの記事もぜひ

論理的思考

素敵な寄り道

コメントを書く