アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

耳ビジ図書室

クラハで仲良くなった利奈さんからお誘いがあった。

「はるのうた」に行くので一緒にいきませんか?

「はるのうた」というのは耳ビジリスナーさんのやっている芦屋のカフェである。

今日は15時過ぎで体が空くので、そのあとならOK!ということで、一緒に行くことになった。

そんな折、蟹仲間のヒロミソと、たまたまメッセージのやり取りがあったので、物は試しに誘ってみると・・・

「行けます!」

なんとタイミングの良いこと!

てなわけで、現地集合することになった。

結果的に私が1番最後に到着。すでに2人はテーブルについている。

私が店に入り

どーもー!こんにちは。

オーナーのケイコさんが、一瞬きょとんとした顔で私を見つめた。

いつもありがとうございます。トヨコです!

次の瞬間

「えーーーーーー!」

実は、ケイコさんには私が来ることは内緒だったのだ。

「えーーーーーー!」

ケイコさんの驚きようと喜びように私も嬉しくなる。

サプライズ成功(笑)

「はるのうた」はちょっとしたブックカフェのようになっていて、お茶を飲みながら本を読むことができる。

そして、テーブルの上にはお馴染みの本が。

おやおや、カワテツさんのいいラインナップではありませんか。

緑さんのコーチングも学んでいるそうで、もちろん緑さんの著書も。

クラハ繋がりの私たち、roomの話や出会った人たちの話など大いに盛り上がった。

ケイコさんは私たち3人がベラベラ喋り、爆笑しているのを物珍しそうに眺めていた(笑)

すみません、濃い3人で!

せっかくなので、本を手に記念撮影。

「はるのうた」では、これから耳ビジの本をどんどん並べてコーナーを作ってくださるそうな。

嬉しいなぁー!

カフェの場所はこちらです。

これからもよろしくお願いします♡

こちらの記事もぜひ

そこんとこ4649

初めて♡の立会人

コメントを書く