アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

口ばっかりのビビりです?

毎年必ず1回は行っている丹波篠山の牡丹鍋。

今日は飲み仲間、男女5人。車1台で出発した!

ドライブ中は、みんなでおバカな話をして笑い合う。

そんな中、秘境の温泉の話題になった。

私は、これまでに混浴露天風呂の経験がかなりある。

秘湯は混浴が多いのだ。

「混浴なんて気にしてたら良いお風呂入れないわよ。阿蘇の温泉なんてめちゃくちゃ良かったし、屋久島の海の露天風呂は入らなきゃもったいない!いちおうタオルで隠して湯船に入っちゃえば大丈夫なのよ!」

「俺は入った経験ないなぁ」

「私も屋久島で入りたかったけど断念したの」

「混浴はそりゃ面白いわよ。相手が先に出るかこっちが先に立つかとか、心理戦!」

とまぁ、私以外のみんなは混浴の面白さを知らないので力説していた。

さて、牡丹鍋の予約までまだしばらく時間があったので、日帰り温泉に行くことにした。

籠坊温泉は鉄泉で、なかなか良い温泉だと聞いていたので、そこの旅館のお風呂に行くことに。

事前に電話して確認し、向かう。

随分と鄙びた温泉ではあるが、、、はたして?

その旅館に着くと、やけに静か。

「すみませーーん。さっき電話したんですが」

「あ、はい。」

宿のご主人らしき人が出てきた。そして

「いま、大浴場ひとつしか準備してないから、男女順番に入ってもらうことになるんやけど」

「え?順番?」

「待っててもらって、次入るとか。小さい浴場は入れてないんです」

こ、これは、、、みんな一瞬固まった。

さっきまで話していた、例の話が頭によぎ…

らへんわ!!!

「そんなの待ってられませんね。じゃあ、やめます。」

私はキッパリ言い切った。

旅館の表に出ると

「わたし、もう、覚悟してたのに!入らへんのや?!」

「へ?」

「あれだけ豪語してたやん!あのネタ振りがあったら、これはもうみんなで混浴するんや!と思って、瞬時にタオルでどう隠そうか?と頭ぐるぐる」

「入るわけないやん。このメンバーやで!」

「話が違う!なに怖気付いてるの!」

「えーーーーいやいや、このメンバー、いや、無理無理」

すっかり私が「ヘタレ」みたいな話になってしまったが、混浴というものは、知り合いではない人とだから成立する(⌒-⌒; )

たしかに旅行にも一緒に行っているし、同じ部屋で寝てる仲間たちだが、さすがに裸を晒すまでの関係性ではない。

「まぁさ、いつか皆んなで入ろうよ。もう男も女もないくらい歳取ったら、良いんじゃない?」

「一緒に入るってゆーか、介護入浴みたいな?」

この温泉事件で皆んな爆笑。

私も鋭いツッコミを受けて、我ながらヘナチョコぶりに爆笑した。

さて、そんなお笑い道中もありながらメインの牡丹鍋へ。

毎度のことながら本当に美味しかった。

どぶろくや、日本酒も頼んで(ハンドルキーパーあり)

もう満腹!

牡丹鍋はピンキリで、中には堅い肉もあるし、散弾銃が口に入ることも。

でもここの猪肉はクオリティが違うのだ。

そして締めの卵かけ雑炊もスペシャル!

ああ、今年も来られてよかった。

ちなみに、満腹になったあと、改めて違う温泉でのんびりしました。

もちろん男女別で(笑)

みんなサイコーです。いつもありがとう。

 

こちらの記事もぜひ

♡のマーク

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く