アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

自己肯定感は笑いとともに

今朝のプラスワンでは、いま企画中の朗読本の実証実験!

サポーターズクラブのメンバーの中から「自己肯定感低めの人」を募集(笑)

実際に文章を朗読してもらったり、私のあとについて読んでもらったりした。

面白いことに、ふだんと違うテンションの(大袈裟という意味)喋り方をするだけでも馬鹿馬鹿しくて笑ってしまう。

しかも、聴いている側も笑えるらしい。

スピーカーで話している人と同じように、リスナー席の人たちも声を出して試してくれる。

すると「気持ちが上がる」「楽しくなる」との声が。

おぉー!これは良かった。

私のリードがちゃんと生かされるらしいのも思惑通り。

笑いのあるところに、またみんなの笑いがあり、その土壌に自己肯定感も育まれる気がする。

明日は「キュン」と自己肯定感の相乗効果などを検証する予定。

 

さて、今夜は「オタマトーン受け渡しの儀」だった(笑)

リアル友達に半ば強引に?オタマトーンの面白さをプレゼンし、共同購入。

私が受け取っていたものをいよいよ渡し、さっそくその場で音を出して盛り上がる。

2人はそれぞれトランペットを趣味でやっているので、音楽センスが高い。

かつて、私がJAZZボーカルを習っていたときに、二人にバンドに加わってもらってめちゃくちゃ素敵なLiveができた思い出もある。

この3人が久しぶりにオタマトーンで合奏(笑)

今日のところは、ひと足早く手に入れていた私が、さすがのテクニックを披露した(笑)

ちなみに

オタマトーン部のメンバーはそれぞれ自分のものに名前を付けている。

私のオタマトーンの名前は「黄身子ちゃん」

黒のオタマトーンのピンちゃんは「ピータン」にした。

ピンちゃん(ニックネーム)のピータン!最高やん。

こっこちゃん(芸名)は検討するとのこと。

3人でなんか一曲仕上げなきゃ。

トランペッター達だから、レベル高くなりそう!

こちらの記事もぜひ

そこんとこ4649

初めて♡の立会人

コメントを書く